ホーム > 書籍詳細:新潮日本文学アルバム 9 有島武郎

新潮日本文学アルバム 9 有島武郎

有島武郎/著

1,320円(税込)

発売日:1984/09/24

書誌情報

読み仮名 シンチョウニホンブンガクアルバム09アリシマタケオ
シリーズ名 新潮日本文学アルバム
発行形態 書籍
判型
ISBN 978-4-10-620609-2
C-CODE 0391
ジャンル 文学・評論、ノンフィクション
定価 1,320円

農場解放、キリスト教的人道主義、至高の生の形式としての〈本能的生活〉の追求――誠実なるが故に生じた矛盾の中で貫いた強い自己愛。有島武郎の“理想”への生涯。

著者プロフィール

有島武郎

アリシマ・タケオ

(1878-1923)明治11年、東京生れ。札幌農学校卒業後、3年間アメリカに留学。帰国後、母校の英語教師となる。明治43年、創刊された雑誌「白樺」の同人となり、文学活動をはじめる。大正5年、妻と父の死を機に、本格的な創作活動にはいり、『カインの末裔』『小さき者へ』『生れ出づる悩み』などを次々に発表。大正8年には改稿をかさねた『或る女』を完成するが、第1次世界大戦後の社会運動の波に内的動揺をきたし、大正11年、有島農場を解放。大正12年、波多野秋子と共に自殺。

関連書籍

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

有島武郎
登録

書籍の分類