ホーム > 雑誌を探す > 雑誌詳細:週刊新潮 > 雑誌詳細:週刊新潮 2019年5月2・9日ゴールデンウイーク特大号

「御代替わり」20の謎
(1)「早く天皇をやりたい」という「秋篠宮の乱」
(2)宮内庁の助言を拒んだ「佳子さま」炎上

週刊新潮 2019年5月2・9日ゴールデンウイーク特大号

(木曜日発売)

特別定価440円(税込)

雑誌の仕様

発売日:2019/04/24

発売日 2019/04/24
JANコード 4910203120596
価格 特別定価440円(税込)

「御代替わり」20の謎
(1)「早く天皇をやりたい」という「秋篠宮の乱」
(2)宮内庁の助言を拒んだ「佳子さま」炎上
(3)「小室圭さん」奨学金1300万円の行方
(4)「眞子さま」海の王子と「西海岸密会」
(5)どうなる「新天皇」の「登山」「お酒」
(6)「雅子新皇后」に重圧「習近平」「プーチン」
(7)「美智子皇后」が御退位後に行きたい場所
(8)御所のお引越しが進まない「サーヤ」の私物
(9)「上皇」の仮住まいを見下ろす「住友マンション」
(10)相続税は免除「三種の神器」の贈与税問題
(11)「大嘗祭」宮中祭祀の秘儀とは?
(12)「恩赦」にざわつき始めた塀の中の面々
(13)兜町が狙う「令和銘柄」
(14)改元に便乗の「商標登録」一覧
(15)「令和の芸能シーン」をリードする女優
(16)「令和元年」パーフェクトを狙うあの投手
(17)サッカー日本代表「令和の10番」
(18)指名殺到という風俗店の「れいわちゃん」
(19)「南海トラフ」で「令和元年大震災」が起こる!?
(20)急務という「悠仁さま」帝王学を授ける家庭教師
「羽生結弦」が心酔したオカルト「整体師」追放の舞台裏

コンパで池に落とされた! 「雅子さんと婚約」スクープに絶句!
ご学友が語る「新天皇」知られざる素顔

我が「天皇皇后」ご進講体験
野依良治/石原慎太郎/久保田淳/小松和彦/笹川陽平/曽野綾子

紐解かれた機密文書!
米国が利用した「プリンス・アキヒト」「プリンセス・ミチコ」

スーパーGW まだ間に合う「10連休」裏ワザ観光ガイド

新規患者は毎年8万人! 「前立腺がん」治療の最前線

【ワイド】御世をまたぐ難題
(1)KING「460億円詐欺」の小道具にされた「貴乃花」
(2)「令和」考案の「中西名誉教授」が30歳年下妻を娶るまで
(3)極秘出産「菊川怜」が気を揉むIT夫の婚外子4人
(4)「ISSA」長女誕生で妻の居ぬ間に「マッサージ・デート」
(5)姪に看取られた「市原悦子」の幻覚と「樹木葬」
(6)「由美かおる」が明かした「お風呂」「恋人」「ヌード写真」
(7)元レースクイーン「井原慶子」に降って湧いたゴーン粉砕の大役
(8)「真紀子」で途絶える「田中角栄」天才政治家の血脈
(9)「ポカリ」新ヒロインは220ヤードぶっ飛びゴルフ美少女
(10)「渋沢栄一」「北里柴三郎」は妾に札びらを切っていた!
(11)78歳で化粧品CM「岩下志麻」が欠かさぬ日課
(12)ヤンチャ坊主を「令和の横綱」にする「貴景勝」美人母の教育法
(13)「加藤紗里」恋人が元「有吉ゼミ」スタッフを謝罪させた顛末
(14)保証人にも不義理をする「山口達也」に復帰説
(15)「大坂なおみ」ご執心は北方領土より「恋人ラッパー」
(16)「アパ社長」が吼えた「五輪後もうちは拡大路線!」
(17)「米倉涼子」の後を襲う元祖クールビューティー
全国調査! 「不祥事」リスト付き「老人ホーム」優・良・不可の実名
▼「介護の手厚さ」が一目瞭然「ブランド一覧表」
▼なぜ専門家は「半数以上が倒産」と予言するのか
▼休憩室で入居者の悪口が飛び交う「大手ホーム」
▼「終の棲家」に「最重要ポイント」は?

10時間取材から厳選! 「樹木希林」が『週刊新潮』に語った「全身女優」「内田裕也」「死生観」

■■■ コラム ■■■
【新連載】夏裘冬扇/片山杜秀
【新連載】俺は健康にふりまわされている/宮川さとし


日本ルネッサンス/櫻井よしこ
生き抜くヒント!/五木寛之
変見自在/高山正之
十字路が見える/北方謙三
スジ論 わたしのルールブック/坂上 忍
だんだん蜜味/壇 蜜
誰の味方でもありません/古市憲寿
私の週間食卓日記/筧 利夫
TVふうーん録/吉田 潮
この連載はミスリードです/中川淳一郎
冒険ゴルフ/倉本昌弘
寝言は寝て言え!/KAZUYA
医の中の蛙/里見清一
この素晴らしき世界/東野幸治
人生で必要な英語はすべて病院で学んだ/加藤友朗
気になる一手/渡辺 明・吉原由香里

■■■ MONEY ■■■
“脱税”30億円「除染成金」と「ヤクルト真中監督」

■■■ テンポ ■■■
グルメ/銀座の一等地で楽しむ厳選の魚介「銀座 紡庵」
マイオンリーパトリック・ハーラン「卓球」

■■■読む 見る 聴く【GWお薦めガイド】■■■
▼Book Selection 私が選んだ「BEST5」
 川本三郎/中江有里/大森 望/縄田一男
▼プレゼント付き BD/DVD Selection
GW Special GUIDE
▼選りすぐり GW CINEMA
 白井佳夫/北川れい子/グレゴリー・スター/坂上みき
Special TELEVISION GW 番組スペシャル

▼オリンピック・トリビア!(吹浦忠正)【最終回】 ▼掲示板
▼文殊のストレッチ ▼結婚 ▼墓碑銘
▼新々句歌歳時記(嵐山光三郎・俵 万智)

■■■ 小 説 ■■■
染着/貴志祐介
湖の女たち/吉田修一
この気持ちもいつか忘れる/住野よる

黒い報告書/小野一光
■■■ グラビア ■■■
・続・蒼穹から名建築
・野生動物こっけい生態図鑑
・優越感具現化カタログ
・世界を食す大使の食卓

この号の中吊り

最新号PICK UP

「御代替わり」20の謎

平らかに成る世からうるわしく和する代へ。空前の10連休の只中、 我々は新たな時代を迎える。およそ200年ぶりとなる生前退位を経て陛下は上皇となられ、新天皇が即位されるとともに皇嗣家も誕生する。そんな御代替わりを寿ぎながらも、令和の口開けの20の謎に迫る。

「羽生結弦」が心酔したオカルト「整体師」追放の舞台裏

五輪を連覇したフィギュアの羽生結弦は、先の世界選手権で絶対王者から転落。彼はオカルト体験を語る整体師に心酔し、チーム羽生に帯同させてきたものの、整体師ご当人は既にチームを離れたと言う。追放・放逐劇の様相を呈する“事件”の舞台裏をリポートする。

全国調査!
「不祥事」リスト付き「老人ホーム」優・良・不可の実名

敬遠されがちな「老い」や「介護」というテーマ。が、誰にも“その時”は訪れるのだから知っておいても損はあるまい。「老人ホーム」に様々な方面から光を当てた「実名リスト」から見えてくるのは、問題山積の現状。そして、優・良・不可を見抜く秘訣――。

10時間取材から厳選!
「樹木希林」が『週刊新潮』に語った「全身女優」「内田裕也」「死生観」

大女優でありながら、樹木希林は週刊新潮の、時に意地悪な取材にも嫌な顔一つ見せずに答えてくれた。生死に関わる話も彼女が語ると、上質なユーモアを帯びた人生訓に変換された。樹木が本誌に遺した膨大な談話から、読み伝えるべき言葉を厳選してお届けする。

新規患者は毎年8万人! 「前立腺がん」治療の最前線

「前立腺がん」と診断される男性は、年間およそ8万人にも上る。驚く事なかれ、平成年間に患者数は8倍になったという。今や中高年の男性たちにとって、最も気になるがんの絶対知っておくべき知識、そして最新の治療法を専門医に徹底取材した。

バックナンバー

雑誌バックナンバーの販売は「発売号」と「その前の号」のみとなります。ご了承ください。

雑誌から生まれた本

週刊新潮とは?

〈「週刊新潮」は週刊誌というより、ほとんど人である。辻に立って、夜な夜な紳士貴顕を斬る百六十ページの眠狂四郎である。ときどき魔剣ないし凶刃になることもあるが、円月殺法の切り口が見事である。シバレンではないが、創刊五十年ようやく「剣鬼」の風格も出てきた〉

「週刊新潮」は1956年(昭和31年)2月に、出版社が出す初めての週刊誌として創刊されました。
 それから半世紀後の2006年(平成16年)、「週刊新潮」は創刊50周年を迎え、その記念企画「週刊新潮と私」に、作家の徳岡孝夫氏が寄せられのが上記の文章です。
 50年という長い時を経ても、「週刊新潮」の編集方針は、創刊当時から全くと言って良いほど変わっていません。
 何より、文芸出版社から発行される週刊誌として、常に「人間という存在」を強く意識した記事作りをしています。それはまさに「殺人事件を文学としてとらえる」ことでもあります。偽善を嫌い、人間の本質に切り込む姿勢は、時に「世の中を斜めからシニカルに見ている」と評されることもあります。
 また、皇室、学界、右翼、左翼、宗教団体、暴力団、日教組、動労……時代により、その対象は変わりますが、あらゆる“タブー”に挑む姿勢も一貫しています。
 最近では、「加害者の方が、被害者より手厚く保護されている」という少年犯罪の不可解な“タブー”を問題にし、少年法が改正されるに至っています。
 世の中が左に振れても右に振れても、「週刊新潮」は常に変わらぬ主張を堅持し、その一貫した姿勢が読者に支持されてきました。今後もマスコミ界の「剣鬼」として、「魔剣や凶刃」に磨きをかけていきたいと思っています。

週刊新潮

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • TSUTAYA
  • kinokuniya
  • honto