ホーム > 書籍詳細:新潮日本文学アルバム 47 宇野千代

新潮日本文学アルバム 47 宇野千代

宇野千代/著

1,320円(税込)

発売日:1993/04/05

書誌情報

読み仮名 シンチョウニホンブンガクアルバム47ウノチヨ
シリーズ名 新潮日本文学アルバム
発行形態 書籍
判型
ISBN 978-4-10-620651-1
C-CODE 0391
ジャンル 文学・評論、ノンフィクション
定価 1,320円

大正10年のデビュー以来『色ざんげ』『おはん』などを経て、生涯書き続けた作家・宇野千代の華麗な98年と「明日へ向って」駆け続ける精神をたどる。

著者プロフィール

宇野千代

ウノ・チヨ

(1897-1996)1897(明治30)年、山口県岩国生れ。岩国高等女学校卒業。1921年処女作『脂粉の顔』が「時事新報」の懸賞小説で一等に当選。1922年上京、尾崎士郎や東郷青児との恋愛・同棲のあと1939年北原武夫と結婚、1964年離婚。1957年『おはん』で野間文芸賞、女流文学者賞を、1982年「透徹した文体で情念の世界を凝視しつづける強靱な作家精神」によって菊池寛賞を受賞。著書に『色ざんげ』『風の音』『雨の音』など多数。現役の最長老作家として1996年6月10日急性肺炎で死去。

関連書籍

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

宇野千代
登録

書籍の分類