ホーム > 書籍詳細:三国志(二) 群星の巻

三国志(二) 群星の巻

吉川英治/著

693円(税込)

発売日:2013/02/01

書誌情報

読み仮名 サンゴクシ02グンセイノマキ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-115452-7
C-CODE 0193
整理番号 よ-3-2
ジャンル 歴史・時代小説
定価 693円

曹操、絶体絶命! 激突と智略の第二巻。

「貂蝉よ、世のためにお前は生命を捨ててくれるか」董卓の暗殺に失敗して逃亡した曹操は、袁紹や公孫サンらと共に連合軍を結成。劉備たちも志願する。権勢を強める董卓は無謀な遷都を強行、民衆の苦しみは深まる一方だった。暴政に耐えかねた大臣の王允は、董卓とその臣下の呂布を対立させるべく、絶世の美女、貂蝉を使ったある計画を実行に移す──。魅力あふれる英傑たちの活躍を描く傑作歴史ロマン、第二巻。

目次
群星の巻
偽忠狼心
競う南風
江東の虎
関羽一杯の酒
虎牢関
洛陽落日賦
生死一川

白馬将軍
溯江

牡丹亭
傾国
痴蝶鏡
絶纓の会
天ぴょう
人間燈
大権転々
秋雨の頃
死活往来
牛と「いなご」
愚兄と賢弟
毒と毒
もっと知りたい三国志(二)
「三国志」の舞台 渡邉義浩
三国志(二)物語年表
巻頭附録
三国志(二)物語地図1 反董卓連合の図
三国志(二)物語地図2 濮陽の戦い(えん州全図)
三国志(二)主要登場人物

関連コンテンツ

著者プロフィール

吉川英治

ヨシカワ・エイジ

(1892-1962)神奈川県生まれ。船具工、記者などさまざまな職業を経て作家活動に入る。国民文学作家と親しまれ、1960(昭和35)年文化勲章受章。『三国志』『宮本武蔵』『新・平家物語』『私本太平記』など、その著作は200を越える。

関連書籍

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

吉川英治
登録
歴史・時代小説
登録

書籍の分類