ホーム > 書籍詳細:婚活1000本ノック

婚活1000本ノック

南綾子/著

693円(税込)

発売日:2023/12/25

  • 文庫
  • 電子書籍あり

みんなちょっと不器用で、幸せになりたいだけなんだよ――。激しく切ない婚活小説!

これは実話であり、登場するすべての人物・団体は実在する――。南綾子31歳、独身、売れない小説家。冬の夜、かつて「クソ男・オブ・ザ・イヤー」を授与した山田が現れ、わたしに婚活を命じる。遊び相手に殺されて幽霊となった山田は、わたしの婚活成功を頼みに成仏を狙うらしい。お料理合コン、お見合いパーティ、漁師の嫁募集。奮起しては絶望する綾子だったが。熾烈で切実な婚活小説!

  • テレビ化
    婚活1000本ノック(2024年1月放映)
目次
第一話 クソ男・オブ・ザ・イヤー
第二話 うにとかんぴょう
第三話 なんかムリ、なんかイヤ
第四話 誰が不良債権
第五話 生きてるように生きる
第六話 お見合い戦争
解説 豊島ミホ

書誌情報

読み仮名 コンカツセンボンノック
シリーズ名 新潮文庫
装幀 加藤木麻莉/カバー装画、新潮社装幀室/デザイン
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
頁数 320ページ
ISBN 978-4-10-102582-7
C-CODE 0193
整理番号 み-66-2
ジャンル 文芸作品
定価 693円
電子書籍 価格 693円
電子書籍 配信開始日 2023/12/25

書評

人生で一冊目

福田麻貴

 子どもの頃から、知りたいことや悩みが出来ると駆け込み寺のように本屋に赴き、本の中でいつも解決してきました。学校の図書室では伝記や児童向け文学もよく読みました。
 しかしあえて人生一冊目を挙げるなら、大学時代に友達に薦められた『ゴールデンスランバー』は、初めて頭を打たれた小説です。文字を追うだけで逃走劇の臨場感が映像を見ているかのように感じられたり、感情移入して涙がボロボロ出たりする読書体験は初めてで、ここから小説の魅力にどっぷりハマることになります。
 暗殺犯の濡れ衣を着せられて追われる主人公の青柳、彼を匿い、助けてくれる人々。逃走劇のスリルの先にある人間の温かみや信用の大切さが身に染みます。
 印象に残っている登場人物は連続通り魔のキルオ。謎めいていてユーモラスなキャラクターと、不思議な存在感。主人公を手助けするキャラクター全員が魅力的な人物像で愛着を覚えるので、読後はしばらく余韻に浸りました。

Image

レ・ミゼラブル』も心に残っています。これは私の人生で一冊目の翻訳小説でした。有名ミュージカルの原作でもあるのでストーリーは言わずもがなですが、言語化の幅広さや的確さ、描写の掘り下げの深さに驚きました。表現の仕方が非常に新鮮で、思わず蛍光ペンを引いてしまったページもあります。

Image

 善と悪について向き合い続けるジャン・ヴァルジャンの葛藤と逃走劇、革命の激しさ、それぞれの人物の悲劇が繊細に丁寧に綴られていました。
 印象に残っているのはファンチーヌとエポニーヌのそれぞれの最期です。救いようのない痛々しい最期がこうも生々しく描写されるか、と苦しくなります。その描写は私の脳に、文章としてでなく映像として、トラウマのように残っています。
 最後の「人生で一冊目」が『婚活1000本ノック』です。
 というのは、この作品を原作とした同名のドラマで、人生初のヒロインを務めさせていただくことになりました。

Image

 私が演じるのは、三十三歳の売れない小説家・南綾子。この本は、作家・南綾子さんが「この物語の主人公はわたしである」という書き出しから綴る小説です。かつて自分を捨てた男・山田が幽霊になって現れ、婚活を綾子に命じます。「彼氏と温泉に行きたい」という綾子の願いが叶えば、自分は成仏できるはずだから、と。
 婚活中の妙にリアリティーのあるストーリーに奇想天外な「幽霊」が登場することによって、どこからどこまでが実話なの!? と楽しく想像してしまいます。
 次に自分のことを好きになってくれた人と付き合おう! と決意するものの、いざ現れると好きになることが難しかったり、頭で判断するなら誠実で真面目な人がいいのに、結局真面目な人といてもつまらなくて、不真面目でも面白い人といたいと思ってしまうところなどは「あるある!」と頷いてしまいました。全女性が共感できるのではないでしょうか。
 他にも綾子と私が似ているところは多々ありました。例えば、見た目には自信がないのに、トークや居心地の良さで一見釣り合わないような相手が近寄ってくるが、結局誰も本気では言い寄ってこないところ、など……(笑)。
 ドラマのオファーをいただいたときは、絶対に私がヒロインのはずがないと思ったのですが、綾子のパーソナリティーを知るにつれ、実在する南綾子さんには失礼ですが、「ちょうど私だ」と思うようになりました(笑)。
 そして何と言ってもこの本を語るにおいて文章の面白さは外せないです。どんなに悲惨な思いをするシーンでも常に自分自身を俯瞰で見ていて、たとえや自虐を駆使して面白く笑いに昇華するところは、芸人である自分とも通ずる部分です。
 ドラマの中でもモノローグとして綾子の心の声が常に聞こえており、原作を読んでいるときと同じような面白さが味わえるかと思います。
 誰もが憧れるヒロインではなく等身大のリアルな女性の綾子には、多くの女性から共感してもらえると思います。逆に男性から見ると、女性はこんなふうに思っているの!? と驚いたり、新鮮に感じることも多いかもしれません。
 山田役の八木勇征さんとのコンビネーションにもご期待ください。
 婚活のリアルとコメディとしての面白さが両立している本作、ぜひ原作でもドラマでもお楽しみください!

婚活1000本ノック」は2024年1月17日(水)22時よりフジテレビ系にてスタート!

(ふくだ・まき 芸人/俳優)
波 2024年1月号より

著者プロフィール

南綾子

ミナミ・アヤコ

1981年愛知県名古屋市生れ。2005年「夏がおわる」で第4回「女による女のためのR-18文学賞」大賞を受賞。おもな著作に『ほしいあいたいすきいれて』『ベイビィ、ワンモアタイム』『わたしの好きなおじさん』『すべてわたしがやりました』など。今後の人生の目標は、カップ焼きそばの頻度を月三以下に抑えること。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

南綾子
登録
文芸作品
登録

書籍の分類