十二国記 新潮社公式サイト 十二国記 新潮社公式サイト
「⼗⼆国記」30周年スペシャル企画のご案内

おかげさまで
「⼗⼆国記」は
30周年を迎えました。

1991年9⽉25⽇は、⼩説『魔性の⼦』(新潮⽂庫)が発売された⽇です。
累計1280万部超の壮⼤な「⼗⼆国記」シリーズの、「はじまりの物語」となる作品が刊⾏されてから30年。
2021年9⽉25⽇からの⼀年間を「⼗⼆国記30周年」イヤーとして、皆様と共に楽しめる様々な記念企画をお届けいたします。

《30周年》記念 「⼗⼆国記」ランダム⽸バッジ 全10種“書店限定”発売!!

「ちびキャラ」たちが初登場です!

 絵師・山田章博氏によるスーパーデフォルメキャラが、缶バッジになってお目見えします。
 これまで、「十二国記」の全ての装画・挿絵を担当する山田章博氏が、新たなタッチで描いた「ちびキャラ(スーパーデフォルメキャラ)」が初登場します。「30周年記念ランダム缶バッジ(全10種)」、書店でしか買えない限定記念グッズです。(※9月末発売開始です)

《30周年》記念 LINEスタンプ発売開始!!

 ファン待望の「十二国記ちびキャラLINEスタンプ」、いよいよ登場です。作中の名台詞がついた24個。
  凜々しい陽子や楽俊がつぶやく一言に癒やされます。ポチッと送りたくなること間違いなし。

※2021/9/25より発売

30周年イヤーに、次の刊行を予定しております。
但し、それぞれの刊行予定は未定なので、決まり次第、公式サイトで発表いたします。

待望の書下ろし「短編集」執筆いよいよ佳境!!

 2019年に18年ぶりの新作長編『白銀の墟 玄の月』が発表されました。全4巻という大巨編には、実はまだ語られていないエピソードがあります。刊行記念プレゼント「一話が先に読める」キャンペーンには、多くのご応募とアクセスをいただきました。
 新作「短編集」は、この「一話」を含めて刊行します。キャンペーンに応募されなかった方も、ご安心ください。
 刊行予定が決まり次第、公式サイトで発表いたします。

《30周年》記念 ⼭⽥章博⽒による画集第⼆弾!!
「⼗⼆国記」画集〈第⼆集〉『せいようの曲』

 1991年の『魔性の子』から、小野不由美氏の緻密な物語を彩る装画・挿絵を描く山田章博氏。その美麗で繊細、かつ圧倒的な迫力でファンを魅了してやまないイラストに描き下ろしを加えた作品世界をご堪能ください。《完全版》十二国記シリーズの装画・挿絵を全点収録予定! 刊行予定が決まり次第、公式サイトで発表いたします。

「十二国記」画集
〈第一集〉

おんの庭』

好評発売中 定価3300円(税込)

《30周年》記念 初の「公式ガイドブック」企画!!

様々な視点から辿る30年史

 新潮文庫の一作として発表された『魔性の子』は、その後、「十二国記」シリーズの「はじまりの物語」となり未来に繋がる————。

 1991年に新潮社、1992年に講談社と、二社から刊行された作品が2012年の《完全版》で、ひとつのシリーズとなりました。その間にテレビアニメ化という新たな展開を経て、2019年には18年ぶりの新作長編の発表に至る。初版3万部で始まった一冊が、《完全版》全10点15冊の累計1280万部を超える大作となった今、改めて作品世界を振り返り、作品の概要、舞台となる国々の特徴、年表、そして物語で息づく登場人物たちを紹介。また、歳月を経て読み継がれる「十二国記」との出会いなど、作品を支える読者から寄せられた多くの「声」を収録します。