ホーム > 雑誌を探す > 雑誌詳細:週刊新潮 > 雑誌詳細:週刊新潮 2017年11月23日号

「トランプ晩餐会」出席でも人生はコースアウト!?
インディ王者「佐藤琢磨」のドリフト不倫

週刊新潮 2017年11月23日号

(木曜日発売)

400円(税込)

雑誌の仕様

発売日:2017/11/16

発売日 2017/11/16
JANコード 4910203141171
価格 400円(税込)

大功労者だから誰も何も言えない!
「反安倍」の口撃を始めた荒ぶる小皇帝「小泉進次郎」

「トランプ晩餐会」出席でも人生はコースアウト!?
インディ王者「佐藤琢磨」のドリフト不倫
世界三大レース「インディ500」を制覇し、米国大統領歓迎晩餐会にも招待された佐藤琢磨。至福の1年となったが、かたや家庭の方は人知れずクラッシュ寸前だという。琢磨本人が明かした、美貌のフリーアナとの7年に及ぶ関係――
大反響! 緊急インタビュー!!
マネックス証券「松本大」が説き明かした「日経平均3万円」のインパクト

時空を超え繋がるネット民の「神」
快楽殺人者「首吊り士」と「酒鬼薔薇聖斗」がシンクロする性衝動

大分県の人権侵害より凄絶!  ゴミ出しすら許されない!?
移住天国の夢想家が落ちる「村八分」地獄
ノンフィクション・ライター 清泉 亮
「東芝」30代社員のトホホな「転職活動日記」
最終面接の結果やいかに!?

【ワイド】あたらしいぞわたしは
(1)映画の濡れ場はお蔵入り「佐々木希」がリニューアル
(2)希望の党「玉木雄一郎」と元総理「大平家」の奇妙な関係
(3)「清宮チャーハン」「清宮パスタ」が登場した聖地フィーバー
(4)スポーツ紙パニック! カメラマンが「嵐」写真を無断で売っていた
(5)「ホーキング博士」が説く「2600年、地球は火の玉」は本当か

「百寿者」目標なら歯が命!
最強「デンタル・ドック」のすゝめ
▼「誤嚥性肺炎」「脳梗塞」「大腸がん」を招く「歯周病」予防ガイド
▼「転倒リスク」2.5倍「認知症リスク」1.9倍の衝撃
▼一晩で1000倍! 「口内細菌」激増の夜間に秘密兵器
▼「口腔の戦い」を制する「3DS」とは

視聴数7400万! 元「SMAP」の「AbemaTV」舞台裏
女の怨讐「ジャニーズ副社長」vs.元「マネージャー」

■■■ コラム ■■■
日本ルネッサンス/櫻井よしこ
変見自在/高山正之
TVふうーん録/吉田 潮
十字路が見える/北方謙三
この連載はミスリードです/中川淳一郎
生き抜くヒント!/五木寛之
だんだん蜜味/壇 蜜
スジ論 わたしのルールブック/坂上 忍
国際問題 鳥の目 虫の目 魚の目/宮家邦彦
冒険ゴルフ/倉本昌弘
週刊「山猫」ツメ研ぎ通信/三浦瑠麗
科学探偵タケウチに訊く!/竹内 薫
誰の味方でもありません/古市憲寿
還暦も文化/石田純一
寝言は寝て言え!/KAZUYA
医の中の蛙/里見清一
気になる一手/渡辺 明・吉原由香里
私の週間食卓日記/矢部太郎
管見妄語/藤原正彦
週刊鳥頭ニュース/佐藤 優・西原理恵子

■■■ テンポ ■■■
ロビー/ほら見たことか “希望”を捨てた「小池百合子」
オーバーシーズ/パラダイス文書で露見「英王室」財産とわが「皇室」の差
ビジネス/まるで“異種格闘技”「熊谷組」と「住友林業」資本提携のワケ
マイオンリー森下 卓「珈琲断ち」
スポーツ/“二刀流”でメジャー挑戦「大谷翔平」に付く値札
エンターテインメント/“ボーイズラブ”元祖「竹宮惠子さん」新たなる人気
スクリーン北川れい子『全員死刑』
グルメ/築地の最上級“魚”を骨董の器で 東麻布「御料理 辻」
タウン/「日馬富士」暴行で見えた「貴乃花」理事長選の金星
Bookwormの読書万巻/中江有里
▼新々句歌歳時記(嵐山光三郎・俵 万智)
▼結婚 ▼墓碑銘 ▼ガイド ▼テレビジョン
▼文殊のストレッチ ▼東京情報
▼オリンピック・トリビア!(吹浦忠正) ▼掲示板

■■■ 小 説 ■■■
染着/貴志祐介
血の雫/相場英雄
欺す衆生/月村了衛

黒い報告書/藤井建司

■■■ グラビア ■■■
・続・蒼穹から名建築
・優越感具現化カタログ
・水村山郭不動産
・コウケンテツの日々是好食

この号の中吊り

最新号PICK UP

「トランプ晩餐会」出席でも人生はコースアウト!?
インディ王者「佐藤琢磨」のドリフト不倫

F1で表彰台に上り、インディ500をアジア人として初制覇し、トランプ大統領の歓迎晩餐会にも招かれたレーシングドライバー、佐藤琢磨(40)。栄光の頂点に立った男は、しかし、私生活では四輪ならぬ不倫ドリフトの制御が利かず、コースアウト寸前だった。

大功労者だから誰も何も言えない!
「反安倍」の口撃を始めた荒ぶる小皇帝「小泉進次郎」

安倍晋三総理に刃向った者は、ことごとく干され、苦汁をめさせられてきた。「一強」にして「一恐」。そんな安倍総理に、公然と口撃を開始した自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長。だが、彼だけは特別扱い。人気者ゆえに、小皇帝と化しつつある小泉氏に誰も何も言えないのだ。

時空を超え繋がるネット民の「神」
快楽殺人者「首吊り士」と「酒鬼薔薇聖斗」がシンクロする性衝動

20年の時と空間を超え、快楽殺人者の性衝動が、まさにシンクロするかのようである。神戸連続児童殺傷事件の「酒鬼薔薇聖斗」と、座間で男女9人を手にかけた「首吊り士」の白石隆浩(27)。なぜ、ネット民は稀代のシリアルキラー2人を「神」と崇めるのか……。

「百寿者」目標なら歯が命!
最強「デンタル・ドック」のすゝめ

永久歯の喪失や歯周病など、歯のトラブルはとかく口内の問題で片付けられがちである。が、これらを放置すれば、わざわいは全身に及んで取り返しのつかない事態を招くことになる。健康長寿への第一歩は、口腔ケアから始まる。その“最強”の方策をお伝えしよう。

バックナンバー

雑誌バックナンバーの販売は「発売号」と「その前の号」のみとなります。ご了承ください。

雑誌から生まれた本

週刊新潮とは?

〈「週刊新潮」は週刊誌というより、ほとんど人である。辻に立って、夜な夜な紳士貴顕を斬る百六十ページの眠狂四郎である。ときどき魔剣ないし凶刃になることもあるが、円月殺法の切り口が見事である。シバレンではないが、創刊五十年ようやく「剣鬼」の風格も出てきた〉

「週刊新潮」は1956年(昭和31年)2月に、出版社が出す初めての週刊誌として創刊されました。
 それから半世紀後の2006年(平成16年)、「週刊新潮」は創刊50周年を迎え、その記念企画「週刊新潮と私」に、作家の徳岡孝夫氏が寄せられのが上記の文章です。
 50年という長い時を経ても、「週刊新潮」の編集方針は、創刊当時から全くと言って良いほど変わっていません。
 何より、文芸出版社から発行される週刊誌として、常に「人間という存在」を強く意識した記事作りをしています。それはまさに「殺人事件を文学としてとらえる」ことでもあります。偽善を嫌い、人間の本質に切り込む姿勢は、時に「世の中を斜めからシニカルに見ている」と評されることもあります。
 また、皇室、学界、右翼、左翼、宗教団体、暴力団、日教組、動労……時代により、その対象は変わりますが、あらゆる“タブー”に挑む姿勢も一貫しています。
 最近では、「加害者の方が、被害者より手厚く保護されている」という少年犯罪の不可解な“タブー”を問題にし、少年法が改正されるに至っています。
 世の中が左に振れても右に振れても、「週刊新潮」は常に変わらぬ主張を堅持し、その一貫した姿勢が読者に支持されてきました。今後もマスコミ界の「剣鬼」として、「魔剣や凶刃」に磨きをかけていきたいと思っています。

週刊新潮

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 7net
  • e-hon
  • TSUTAYA
  • kinokuniya
  • honto