ホーム > 著者一覧 > 著者ページ:ヴェルレーヌ

ヴェルレーヌ

Verlaine,Paul-Marie

著者プロフィール

(1844-1896)高踏派の強い影響下に出発したが、やがて独自の音楽的手法を駆使した斬新な詩的世界を確立し、フランス象徴主義の代表的存在とされる。終生飲酒・放蕩の悪癖に悩まされ、ランボーとの同性愛事件では2年間の獄中生活を送ることにもなった。後に文名ようやく高まり、いわゆるデカダン派詩人たちの精神的支柱ともなったが、実生活では梅毒性疾患のため施療院を転々とする晩年だった。

新刊お知らせメール

お気に入りの著者の新刊情報を、いち早くお知らせします!

ヴェルレーヌ
登録する

書籍一覧