ホーム > 書籍詳細:騎手の誇り

騎手の誇り

本城雅人/著

649円(税込)

発売日:2017/10/01

書誌情報

読み仮名 キシュノホコリ
装幀 ケッソクヒデキ/カバー装画、新潮社装幀室/デザイン
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-121131-2
C-CODE 0193
整理番号 ほ-26-1
ジャンル ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
定価 649円
電子書籍 価格 649円
電子書籍 配信開始日 2018/03/16

事故か、殺人か。父の死の真相を追う息子。父と子、二人の騎手の絆に涙するミステリ。

十二年前の落馬事故――。その真相を知るために、息子・和輝(かずき)も騎手となり、かつての父の好敵手で、不動のトップ騎手・平賀と同じ厩舎に入った。父は、本当は平賀に殺されたのではないか……。新人競馬担当記者・仁美(ひとみ)とともに事故の謎を追う中で、平賀のある秘密に気づいた和輝は、自らの身にも迫る危険を感じ取る。亡き父と息子の絆に涙する、長編ミステリ。『サイレントステップ』改題。

目次
 序章 落馬 ――十二年前 中山競馬場
第一章 転厩 ――二月末 ダイヤモンドS
第二章 洗礼 ――三月初句 弥生賞
第三章 歓喜 ――五月 青葉賞
第四章 疑念 ――六月 夏競馬前
第五章 追跡 ――八月 札幌記念
第六章 警告 ――九月 セントライト記念
 終章 敵手 ――翌年三月 スプリングSからそして
解説 村上貴史

著者プロフィール

本城雅人

ホンジョウ・マサト

1965(昭和40)年、神奈川県生れ。明治学院大学経済学部卒業後、スポーツ紙の記者としてプロ野球、競馬、メジャーリーグ取材などに携わる。退職後、松本清張賞候補作の『ノーバディノウズ』で2009(平成21)年に作家デビュー。同作でサムライジャパン野球文学賞の大賞を受賞。2017年、『ミッドナイト・ジャーナル』で吉川英治文学新人賞受賞。2018年、『傍流の記者』で直木三十五賞候補。他の著書に『騎手の誇り』『英雄の条件』などがある。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

本城雅人
登録
ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
登録

書籍の分類