ホーム > 書籍詳細:宣告〔中〕

宣告〔中〕

加賀乙彦/著

814円(税込)

発売日:2003/03/20

書誌情報

読み仮名 センコク2
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-106715-5
C-CODE 0193
整理番号 か-7-15
ジャンル 文芸作品
定価 814円

死を宣告されて独房で過ごす青年の、苦悩する魂の劇を描く、極限の〈愛と死の物語〉。

T大を卒業した楠本他家雄は、自堕落な生活を続けた挙げ句、バーで証券会社の外交員を絞殺する。その楠本は拘置所に入ってからカトリックに回心し、彼の手記に感動した心理学を専攻する女子学生と親密な文通を始めていた。淡々と過ぎて行く日常のなか、連続女性暴行殺人犯の砂田の死刑が執行される。死を宣告されて独房で過ごす青年の、苦悩する魂の劇を描く〈愛と死の物語〉。全三巻。

著者プロフィール

加賀乙彦

カガ・オトヒコ

1929(昭和4)年、東京生まれ。東京大学医学部卒業。1957年から1960年にかけてフランスに留学、パリ大学サンタンヌ病院と北仏サンヴナン病院に勤務した。犯罪心理学・精神医学の権威でもある。著書に『フランドルの冬』『帰らざる夏』(谷崎潤一郎賞)、『宣告』(日本文学大賞)、『湿原』(大佛次郎賞)、『錨のない船』など多数。『永遠の都』で芸術選奨文部大臣賞を受賞、続編である『雲の都』で毎日出版文化賞特別賞を受賞した。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

加賀乙彦
登録
文芸作品
登録

書籍の分類