新潮社

吉本ばなな『キッチン』刊行30周年 『キッチン』と私 思い出・エピソード大募集

私がこの世でいちばん好きな場所は台所だと思う──

あなたと『キッチン』をめぐる物語をお寄せください。
吉本ばななは、皮膚やかたちではなく、
はじめから人のこころを見ているような気がする。
糸井重里
あんなに澄んだ小説は、あとにも先にも出会ったことがない。
出てくる人みんな、一生懸命生きていて、こちらまで照らされる。
綿矢りさ
ただ生きている。
それだけの事を、こんなにも褒めてくれるのは、
この物語だけだと思う。
木村文乃

初めて読んだのは30代。この歳になって読んだのは必然だったと思う。「愛すら全てを救ってはくれない」からこそ、かけがえのない日々を丁寧に生きていこう。そう思える私になれていました。そんな私になれていることに、気づかせてくれました。心に小さくてあたたかい灯りをともしてくれた小説です。

ねえこ

この世には耐え切れないくらいの悲しさや苦しさ、大好きな人との別れがある。
これは予期していても実際に現実になると予期していた以上の悲しさと苦しさをもたらす。
けれどもいつか
いつかそれを乗り越えるための勇気や優しさや人との繋がりがこの世にはあるということを教えてくれた本。

こずえ

カバーが取れ、むき出しになってしまった文庫本。
そんな状態になるまで、カバンに入れて持ち歩き、心を落ち着かせるために、色々な場所で何度も何度も読みました。
本の中の人たちの言葉、風景、季節、食べ物。
カラーでイメージが浮かび、温度や、匂いまで感じられる。
淡々とした空気感があり、読むと安心し、また、安心したくて好きな部分を繰り返し、繰り返し目で追ったり。
心底疲れ果てた時、必ずと言っていいほど読み返したくなるキッチン。
そんな心を支えてくれる優しい物語は、私にとって安定剤のような癒しの本です。

篤美

やっぱり大人になっても、悩んでいます。初めてキッチンを読んだ15歳の頃と同じように。成長していないんじゃないかと、笑っちゃうくらいに、変わらない。だからこそ、本棚の下段にいるあの黄色い背表紙を手に取り、哀しみと温かさを感じるとほっとするんです。私はずっと私で、みかげちゃんたも、雄一くんも、えり子さんも、みんなそう。それでいいんだぜー、って語りかけてくれる。キッチンの世界は、いつ、どんな時に触れても、悲しいけれど、泣きたくなるくらいあったかい、そして強い。キッチン、ありがとうね。私は、これからも、たまにあなたを思い出し、引っ張りだして、自分の生活を歩いていこうと思います。どうぞ、よろしくね。

aik

母が亡くなってから7年。
その一連の出来事から、本当に悲しいとき家族では支え合えないんだと知りました。みんなそれぞれ同じように悲しいから
絶望から知らず知らず引き上げてくれるのは、光を見せてくれるのは、むしろ他人。私にとって「キッチン」はそういう存在です。登場人物とまったく同じ体験をしているわけではないのに、読んでいると安心して、じんわりとあたたかい涙が出てきて、みかげや雄一の気持ちの温度と自分のまわりの空気がつながっていく。悲しみやさびしさは過ぎ去ってくれないけれど、うん、私もだよ、とずっと手をにぎってくれている物語があって、よかった。

ヒミコ

本屋さんでぶらぶらするのが好きでした。
きれいな包装紙をまとったような…すごい本を見つけた気になりドキドキしながら手にとりました。
家に帰り、ドキドキしながら読みました。読み終えると、やっぱりすごい本を見つけたと思い、さらにさらにドキドキしました。高校生でした。
今、当時の気持ちを思い出しドキドキしています。ちょっと泣けてきています。
私の一番好きな場所は『台所』です。3児の母です。
多感な時期に巡り合ったこの本の影響を受けていたんだと思いました。
30年経ったのですね。ありがとう『キッチン』

実和子

初めて読んだのは高校生の時。1ページ目から、活字が呼吸しているように見えた。しかも静かに、ゆっくりと瞑想するように。その不思議な感覚がなんなのか知りたくて、夢中になって読んだ。自分の読みたい速度が、読む速度に追いつかなくてもどかしく、こんなに静かな物語なのに、心臓がザワザワした。読み終わるとまた始めから、何度も何度も繰り返し読み返した。その後、看護学生の時も、看護師になっても、結婚しても、子どもを産んでも、離婚しても、いつも、この小説は最初のように近くにあった。そして今、リストカットやオーバードーズを繰り返す患者さん達と一緒に読んでいる。

むーみん母

私は読書が大好きです。ばななさんの本に出合ったのは20代。ばななさんの言葉たちがすっと体に入っていくような感覚が大好きでばななさんの本を読み漁りました。そこで出会ったキッチン。ばななさんの本はいつも手元にありました。そして2年前大好きな祖母が亡くなりました。私は母と祖母に育てられたので大事な代わりの利かない家族がいなくなった事をしばらく受け止めきれずにいました。しばらく本と離れていたけれど本棚から手に取ったのはキッチンでした。この本の言葉たちにその時の不安な心が軽くなって。少しずつ日常が取り戻されてまた本が読みたいと思えるようになりました。キッチンの本の間には祖母が着物を着て庭先で撮った写真がはさんであります。次にまたキッチンを読む時大好きな祖母に会えるように。キッチンは私と祖母がつながるような私にとってはそんな大切な本です。

mihopon45

はじめての出会いは模試がきっかけでした。現代文の模試で使われていて、試験中なのにとても引き込まれて…終わった後、試験の結果より物語が気になり、本屋で探して読みました。
あの頃、少ないお小遣いで買う本は宝物。何回も繰り返して読みました。あの頃まだまだ未熟で幼い学生ながら、瑞々しく癒しを感じるばななさんの文章に魅力を感じてばななさんの本を集めていきました。
漠然と自分の人生これでいいのかと悩んだ時にこの本を思い出すと、何だか許されたような、肯定されたような気持ちになれる物語。なぜそう感じるのかうまく説明できませんが、自分にとって共感するフレーズだったり、柔らかですっと入ってくる表現だったり、はっとする気づきのある文章だったりするからでしょうか。
この本の私の感想を一言で言うと「人生って結局素晴らしいんだ」につきます。
その感想は、20年近く前も、今も変わらず。

なつやすみきぶん

いつもなんとなく孤独を感じていた私が「キッチン」を読んだとき、文のひとつひとつが私に寄り添ってものすごいパワーをくれました。それからも落ち込んだ時は何度も何度も、読み返してその暖かいパワーに触れて私も何とか生きてみようと前をむいています。
ついこの間も読み返して、カツ丼が食べたいな~!と思った次の日の学食で、本当にカツ丼が出てきた時は嬉しくて写真を撮ってしまったほどでした。
読む度に心に暖かい気持ちを取り戻してくれる、そんな大切な一冊です。

けふ

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
  • Twitter
  • facebook
  • LINE