新潮社

吉本ばなな『キッチン』刊行30周年 『キッチン』と私 思い出・エピソード大募集

私がこの世でいちばん好きな場所は台所だと思う──

あなたと『キッチン』をめぐる物語をお寄せください。
吉本ばななは、皮膚やかたちではなく、
はじめから人のこころを見ているような気がする。
糸井重里
あんなに澄んだ小説は、あとにも先にも出会ったことがない。
出てくる人みんな、一生懸命生きていて、こちらまで照らされる。
綿矢りさ

キッチンをきっかけにばななさんの本に出会って30年、キッチンを読んでいなければ、そしてばななさんが居なければ、私は自分の人生を常に後悔して過ごしてきたに違いないと思う。いつも自分をキープして、明日死んでも後悔しないって思える生き方、それがばななさんの本から学んだこと(違ってたらごめんなさい!)。私は下北三茶の間に住んでいて、たぶんばななさんはわりとかなり近所に住んでらっしゃって、でもまだ一度も遭遇したことがないのは、まだまだ自分がお会いできる状態ではないからといつも思っています。でもいつか、ばったりお会いできるように、お礼を言えるように、いつでも毎日を捨てずに大事に自然にすごしています。とは言え、はやくばったりお会いしたい、ばななさん!!

ミコリ

「キッチン」を読んだのは、私が大学生の頃でした。一人暮らしを始めて、なんでも自由にしていいんだ!と楽しんでいた頃。
それから社会人になって、会社もいくつか変わり、住むところも変わって、学生の頃には感じなかった自分の生きづらさや上手くいかなさなんかも感じるようになってきました。そんな社会人生活の折々で、「キッチン」は私に寄り添ってくれました。仕事を辞めて次の仕事を探すまでの、ぼんやりとして不安で、でも期待もあるようなあのとき、引っ越しをして持ち物の整理をしていたあのとき、いろんなタイミングで読み返しました。
読んでいると、不思議な安心感があるんです。自分がここにいていいような、自分が自分でいていいような。
これからも、何かの折に読み返すと思います。ずっと持っていると思います。
ばななさん、30周年おめでとうございます。

yuyu

10年ぐらい前にばななさんとお父上である隆明さんの対談本の中で「キッチン」についての感想を読んで興味を持ち、早速読んでみました。「青春」のキラキラした感じが素敵だなーと思いました。また、読後に「(作中のカツ丼のくだりを自分の感想と比べて)プロの批評家(隆明さん)はこう読んでいたのか」と強い衝撃を受けた事が忘れられません。「私はなんて浅いんだろう」と思い、以来、ばななさんと隆明さんの色々な本を夢中で読みました。自分に影響を与えてくれる人を欲していたのだと思います。私の人生における物の見方、捉え方はこの時期に形成されたと言っても過言ではありません。これからもばななさんの本を楽しみにしています。

O-CHAN

中学3年の掃除当番にPTA会議室があり、その部屋の本棚に「キッチン」がありました。あのブームになったキッチンがここにある!と感動して、掃除のたびに少しずつ読み進めていました。中学生の1ヶ月は長く、私もぼんやりしていたので次の当番まですっかり忘れてしまい、またPTA会議室の週になると、あっ、キッチンがあるんだった!と思い出し、掃除をサボっては読んでいました。そうこうするうちに、大人になってやっと気づきましたが、堂々とサボっていたのがばれたのかいつの間にかPTA会議室の掃除はなくなり、受験勉強に集中し始めてキッチンのことは忘れてしまいました。ちゃんと読んだのはそれから20年以上経ってからです。今でもあの日当たりのいい明るい部屋で、素敵な表紙をそっと開いて、不思議な感じのするお話をどきどきしながら読んでいたことが思い出せます。

読んで元気になるわけではない。誰かに薦めたいかと聞かれると、躊躇してしまう。理由は、自分がうしろ向きのとき、気持ちが疲れているときに読んでいる本だからだろう。でも、そういうときに読みたくなる。誰かに薦めることはないけれど、絶対に手放さない。文字にして、言葉にして、説明できないけれど、とても「キッチン」が好きで、「キッチン」を読んだあの日から一緒に過ごしてきた。10代、20代、30代と、(おそらく)変化している自分に、変わらずに寄り添い、存在している「キッチン」。この先も疲れた気持ちに寄り添ってくれると信じている。
みかげはいつも同じなのに、とても弱弱しく見える日があったり、頼もしく見えたりする。毎回違うみかげが目の前にいる。
文字にして表現することがとても難しいけれど、唯一説明できることは、ジューサーと、バナナ柄のグラス、が欲しくなること。

ハチロウ

「こんなカツ丼は生涯もう食うことはないだろう」私はあの日のカレーライスを思い出しました。地震で被災。余震が続くなか、給水の列に何時間も並んで水を汲み、何度も確認してガスを復旧させ、台所に立ちカレーを作りました。美味しいことと言ったらもう。それに色んな気持ち…感謝、感激、気力などなどが湧いてきて。みかげが雄一へ言った「もっと大変で明るいところへ行こう」という感じです。あれから2年。キッチンを30年ぶりに読んで、私の中で色が薄くなりつつあったあの時の事が思い出され色が付きました。地震後、ばななさんの本を読みたくて、よく読みました。ばななさんと同じ時代に生まれてよかった。気持ちを伝えることができます。この2年の間、ばななさんの本に助けられました。ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

幾望

今となっては理由が不明なのですが、刊行されてすぐに購入しました。ラッピングペーパーでカバーを作り持ち歩きして何度も読み、ボロボロになったカバーを取り換えて文庫が出たらそれを持ち歩きようにして、水を飲むように読みました。
私はばななさんよりちょい年上で、世の中が生きづらいのは自分のせいか?と木の葉のようにクルクル心が回っている日々に「そうじゃないよ」と寄り添ってくれた作品です。
読者の方が若い人が多いけど、すでに(社会的には)大人だった私にも届いてますよ、助けられましたよ。今振り返ってみて『キッチン』を読んでいない人生なんて考えられません。
本当にありがとうございます。

もじもじ猫

生きることが苦しくてたまらない自分と向き合っていたとき、ひとりぼっちの自分がただ寂しくて仕方がなかったとき、悲しみが大きな風船のように膨らんで窒息しそうなのに泣けなかったとき…みかげのおばあさんに私の亡き祖母を重ねたり、えり子さんの切なくて明るい声を聞いたり、みかげの気持ちを反芻したりして、私も立ち上がりたいと思うことができました。不器用で情けなくてもなんとか生きてこられました。そして抜け殻のようになった人間にも、また光が宿り生命のキラキラが生まれる瞬間がきっとあることを、雄一を見ることで信じられました。「キッチン」は、何年経っても私の本棚の中でひときわ温かい光を放ちながらこちらを見守ってくれています。眩しくて痛い光ではなく、とても穏やかで優しい光。キッチンの世界の中で、いつも私は生きることを選べます。いつもいつも…ありがとうございます。

まれい

「キッチン」を手にしたきっかけは、当時の会社の上司から「吉本隆明の娘の本だから…(ぜひ!)」という言葉をいただいたこと。ばななさんのお父様は団塊世代の上司の憧れだったようです。そこからばななさんの本を読み続けて今に至ります(上司とは疎遠になってしまいましたが)。30年の間にいろいろなことがありましたが「キッチン」で描かれたばななさんの世界は、私の心の中心に今もひっそりと存在しています。気持ちがぶれ続けてきた私ですが、これだけは揺るがずに変わりません。私も家の中でキッチンが一番好き。カツどんは食べられなくなってしまいましたが。

ケッチ

中学生の時、オリーブで紹介されていた事がきっかけで「キッチン」を初めて読みました。
物語に出てくる自分より年上の人たちが見せてくれる世界が素晴らしく、グングン飲み込むように夢中になりました。
自分だけの事を考えがちな年頃だった私に、近すぎて見えないけど大事にしなければいけない人の心の深さを教えてもらった感謝もあります。
なりたい自分になる、というのは大それた事ではなく、自分の心が豊かになる事を少しでも叶えていく事、と思えるようになったのも、吉本ばななさんに教えてもらってきた事のように思います。
もう30年が経つんですね。
いま、料理に携わる仕事についてます。
幸せの指針ありがとうございました。

nicomasu

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
  • Twitter
  • facebook
  • LINE