・*印は前回の第四次全集に収録されていない作品です。
・収録作品は、若干変更される場合があります。

昭和6年(1931)―――――――――――――――――――――29歳
  1月 マルクスの悟達
  2月 文芸時評(今月は…)
     批評家失格II
     谷川徹三「生活・哲学・芸術」*
     井伏鱒二の作品について
  3月 心理小説
     二月の作品*
  4月 文芸批評の科学性に関する論争
     室生犀星
  5月 谷崎潤一郎
     再び心理小説について
  6月 「安城家の兄弟」
     もぎとられたあだ花
  7月 フランス文学とわが国の新文学
     文芸月評I
     辰野隆「さ・え・ら」
  8月 弁明―正宗白鳥氏へ
     困却如件―津田英一郎君へ*
  9月 眠られぬ夜(創作)
  11月 おふえりや遺文(創作)
  12月 純粋小説といふものについて
     横光利一「書方草紙」を読む*

昭和7年(1932)―――――――――――――――――――――30歳
  1月 正宗白鳥
  2月 梶井基次郎と嘉村礒多
     佐佐木茂索「困つた人達」
     堀辰雄の「聖家族」
     批評に就いて(毎月沢山の…)
  3月 文章について(一体文章について…)*
  6月 現代文学の不安
     小説の問題I
     小説の問題II
     ヴァレリイの事
     逆説といふものについて
     川端康成「伊豆の踊子」跋*
  7月 同人雑誌小感
  9月 Xへの手紙(創作)
  10月 手帖I
  12月 年末感想

昭和8年(1933)―――――――――――――――――――――31歳
  1月 「永遠の良人」
  2月 作家志願者への助言
  3月 手帖II
  4月 文学批評に就いて
     手帖III
     アンドレ・ジイド
  5月 故郷を失つた文学
     文芸月評II
  8月 批評について(「実際の…)
  9月 文芸時評(「経済往来」の…)
     文芸月評III
     「ハムレット」に就いて
     谷川徹三「内部と外部」*
  10月 私小説について
     「文藝春秋」の作品*
     二科展を見る*
  11月 「文藝春秋」と「経済往来」の作品*
     故古賀春江氏の水彩画展
     金文輯君へ
  12月 「未成年」の独創性について
     手帖IV
     文芸批評と作品*