ホーム > 著者一覧 > 著者ページ:近衛龍春

近衛龍春

コノエ・タツハル

著者プロフィール

1964(昭和39)年生れ。大学卒業後、オートバイレースに没頭。通信会社勤務、フリーライターを経て『時空の覇王』でデビュー。著書に、『九十三歳の関ヶ原 弓大将大島光義』『伊達の企て』『長宗我部 最後の戦い』『裏切りの関ヶ原』『毛利は残った』『上杉三郎景虎』『南部は沈まず』『忠義に死す 島津豊久』などがある。丹念に史実を掘り起し、物語に仕上げる手腕が高く評価されている。

新刊お知らせメール

お気に入りの著者の新刊情報を、いち早くお知らせします!

近衛龍春
登録する

書籍一覧