ホーム > 著者一覧 > 著者ページ:ポール・オースター

ポール・オースター

Auster,Paul

著者プロフィール

1947年、ニュージャージー州ニューアーク生まれ。コロンビア大学で英文学と比較文学を専攻、大学院中退後にフランスに渡る。詩、評論、翻訳等を手がけたあと、1985年から1986年にかけての「ニューヨーク三部作」(『ガラスの街』『幽霊たち』『鍵のかかった部屋』)で小説家として世界的に注目を集める。以後、現代アメリカ文学を代表する作家として活躍し、『孤独の発明』『ムーン・パレス』『ナショナル・ストーリー・プロジェクト』『オラクル・ナイト』『インヴィジブル』など多数の著作が邦訳されている。

新刊お知らせメール

お気に入りの著者の新刊情報を、いち早くお知らせします!

ポール・オースター
登録する

書籍一覧