>>立ち読み

購入

>>立ち読み

購入

〔上〕740円
〔下〕780円

今年になって、『海辺のカフカ』は、英語版“Kafka on the Shore”が刊行されました。現在アメリカ、イギリスともにベストセラーになっています。書評も数多く出ていて、「うろたえるほど見事な傑作」(「インディペンデント」)「村上ワールド初心者にもうれしい、最高のプレゼント」(「シカゴ・トリビ
ューン」)など、そのほとんどが好意的、あるいは絶賛に近 いものとなっています。また“New Yorker”では、ジョン・アップダイクの長文の書評が掲載され、話題になっています。
日本でも、読売新聞(2月3日夕刊)や毎日新聞(2月9日夕刊)で、この世界的評価の高まりを伝える記事が掲載されています。

英語版版元のKnopf社を抱えるランダム・ハウスでは、刊行に併せ、現在HPを開設しています。

パブリッシャーズ・ウィークリー
読者は、主人公同様、ムラカミ・ワールドを自在に歩き回れるようになる。
シカゴ・トリビューン
村上春樹の小説は、ミステリアスで抽象的な一級のエンターテインメントであり、意識が拡張されるような(麻薬的な)体験をさせてくれる点で際立っている。
ニューヨークタイムズ・ブックレヴュー
夢に見たような話を書くことが出来れば、その作家は天才だ。この作品は、我々を夢の世界に連れていってくれる。
ロサンゼルス・タイムズ
村上春樹の作品は、非現実的でありながら現実的であり、クソ真面目なくせに軽妙である。
スペクテイター
超(チョー)魅力的な作品。暴力とセックスが絡み合う、痛みのない夢のようだ。非現実的なことが次々に起き、ばかげた出来事に目を奪われるが、どう見えようと、とことんリアルな作品であることは間違いない。