ホーム > News Headlines > 『鬼門の将軍』刊行記念 歴史の真実を見抜く発想

イベント/書店情報終了しました

『鬼門の将軍』刊行記念 歴史の真実を見抜く発想

『鬼門の将軍』の刊行を記念してジュンク堂書店池袋本店にてトークイベント開催します。

『鬼門の将軍』刊行記念 歴史の真実を見抜く発想

最新刊『鬼門の将軍』で、平将門怨霊伝説の真偽に挑んだ高田崇史先生。
「歴史は捏造されている」を大前提に、古代史から民間伝承まで、読者の常識を覆すミステリーを次々に発表しています。
誰が何のために歴史を偽るのか、隠された歴史を見抜くには――。
お相手は歴史好き、ミステリー好きとしても知られ、近著『サイコパス』が話題の脳科学者・中野信子先生。
アイデアはどこから生まれるのか、脳やDNAから見た古代日本人の特性とは?
お二人の話は、どこまでも広がります。

開催日時 2017年2月28日(火)19:30〜(開場19:00)
会場 ジュンク堂書店 池袋本店
東京都豊島区南池袋2-15-5
問い合わせ先 TEL:03-5956-6111
URL 詳細はこちらをご覧ください。
備考 ◉トークイベント終了後、サイン会がございます。
◉入場料はドリンク付きで1000円です。当日、会場の4F喫茶受付でお支払いくださいませ。
※事前のご予約が必要です。1階サービスコーナーもしくはお電話にてご予約承ります。
※トークは特には整理券、ご予約のお控え等をお渡ししておりません。
※ご予約をキャンセルされる場合、ご連絡をお願い致します。(電話:03-5956-6111)

著者紹介

高田崇史タカダ・タカフミ

1958(昭和33)年東京都生れ。明治薬科大学卒。1998(平成10)年『QED百人一首の呪』でメフィスト賞を受賞し、作家デビュー。数々の作品にて、独自の歴史、宗教的考察を展開し、ミステリ界の注目を集める。QED及び関連シリーズは、200万部を超えるベストセラーとなっている。近著に、『神の時空 前紀 女神の功罪』『古事記異聞 オロチの郷、奥出雲』『鬼門の将軍』『卑弥呼の葬祭』『源平の怨霊』などがある。

中野信子ナカノ・ノブコ

1975年生まれ。脳科学者。医学博士。東日本国際大学特任教授、横浜市立大学客員准教授。著書に『脳内麻薬 人間を支配する快楽物質ドーパミンの正体』、『脳・戦争・ナショナリズム 近代的人間観の超克』(共著)、『サイコパス』ほか多数。

書籍紹介