ホーム > News Headlines > 岡田利規×山崎ナオコーラ×福永信 「小説の家」から聞こえる声

イベント/書店情報終了しました

岡田利規×山崎ナオコーラ×福永信 「小説の家」から聞こえる声

『小説の家』の刊行を記念して岡田利規さん×山崎ナオコーラさん×福永信さんのトークイベント開催します。

岡田利規×山崎ナオコーラ×福永信 「小説の家」から聞こえる声

何かと話題の“一生モノ”のアンソロジー『小説の家』の刊行を記念して、
著者の岡田利規さん、山崎ナオコーラさん、編者の僕、福永が、RethinkBooksに遊びに行きます!

岡田利規さんはチェルフィッチュの作・演出家として世界中で公演の旅をしています。
その旅の途中で、これまでたくさんのセリフを書いてきました。
この本に収録された「女優の魂」は、最初は短編小説だったんですけど、
いつのまにか、一字一句変えないまま、一人芝居になリました(本には舞台写真を掲載しています)。
小説全体が、セリフになってしまったんです。演劇作家ならではのマジック!

山崎ナオコーラさんの作品はいつもタイトルがすごいです。
「あたしはビー玉」とか「ニキの屈辱」とか。「ここに消えない会話がある」とか。
この本に収録された短編もやっぱり印象的。つい、声に出して読んでしまいます。
もちろん、小説にも魅力的なセリフがあって、それも口から出ちゃいます、黙読してたはずなのに(読書とは静かに読むもの、黙読するものと思ってたのに)。

この日、3人は気に入っている本の中から「セリフ」をたくさん、持ってきます。
そして、それをきっかけにおしゃべりをしようと思います。
小さな朗読会とも言えそうですね。
さて、どんなセリフが集まるだろう?

『小説の家』の奥付の「著者検印」欄にハンコをおす、「ハンコおし会」もやります。おたのしみに。

開催日時 2016年12月16日(金)19:00〜21:00(受付開始18:30)
会場 Rethink Books
住所:福岡市中央区天神1-10-24
問い合わせ先 電話:092-406-7787(11:00〜22:00)
URL 詳細はこちらをご覧ください。
備考 料金:1500+500yen 1dri

著者紹介

岡田利規オカダ・トシキ

1973(昭和48)年横浜生れ。1997(平成9)年にソロ・ユニット「チェルフィッチュ」を旗揚げ。2005年「三月の5日間」で第49回岸田國士戯曲賞を受賞。2007年、同作を小説化し、初めてのオリジナル小説「わたしの場所の複数」とともに収録した『わたしたちに許された特別な時間の終わり』が、初の小説集となる。同書で、第2回大江健三郎賞を受賞。著書に『三月の5日間』『エンジョイ・アワー・フリータイム』『遡行:変形していくための演劇論』『現在地』などがある。

山崎ナオコーラヤマザキ・ナオコーラ

1978(昭和53)年、福岡県生れ。埼玉県育ち。國學院大學文学部日本文学科卒業。卒業論文は「『源氏物語』浮舟論」。2004(平成16)年、会社員をしながら書いた「人のセックスを笑うな」が第41回文藝賞を受賞し、作家デビュー。著書に『人のセックスを笑うな』『浮世でランチ』『カツラ美容室別室』『論理と感性は相反しない』『長い終わりが始まる』『男と点と線』『モサ』(荒井良二氏との共著)『「『ジューシー』ってなんですか?」』『あたしはビー玉』『ニキの屈辱』『この世は二人組ではできあがらない』『昼田とハッコウ』『美しい距離』、エッセイ集に『指先からソーダ』『男友だちを作ろう』などがある。目標は「誰にでもわかる言葉で誰にも書けない文章を書きたい」。

福永信フクナガ・シン

1972年、東京生まれ。1998年、「読み終えて」で第1回ストリートノベル大賞を受賞してデビュー。2015年、第5回早稲田大学坪内逍遥大賞奨励賞受賞。著書に『アクロバット前夜』(2001/新装版『アクロバット前夜90°』2009)、『コップとコッペパンとペン』(2007)、村瀬恭子との共著に『あっぷあっぷ』(2004)『星座から見た地球』(2010)、『三姉妹とその友達』(2013)などがある。

書籍紹介