プレゼント

芸術新潮プレゼント【1】
「ゲルハルト・リヒター展」のチケット

芸術新潮 2022年5月号
今月のプレゼント【1】

「ゲルハルト・リヒター展」のチケットを5組10名様にプレゼント!

Image
展覧会メインビジュアル
Image Image Image Image
ゲルハルト・リヒター《ビルケナウ》上から順に(937-1)、(937-2)、(937-3)、(937-4) 2014年 油彩、カンヴァス 各260×200cm ゲルハルト・リヒター財団蔵
©Gerhard Richter 2022 (07062022)

ドイツが生んだ現代アートの巨匠ゲルハルト・リヒター(1932年生まれ)の、待望の大回顧展が開催されます。リヒターは1960年代に本格的に活動を開始して以来、具象絵画、抽象絵画、写真(やその上に描いたもの)、映像作品など、多岐にわたる制作でイメージのあり方について追求し、世界中で評価を得てきました。日本では16年ぶりとなる今展では、近年の最重要作といわれる《ビルケナウ》の展示が大きな見どころの一つです。この作品の下地となったのは、アウシュヴィッツ・ビルケナウ強制収容所の様子を隠し撮りした4点の写真。それらは、ゾンダーコマンド(ユダヤ人の死体を焼却する作業に従事していたユダヤ人部隊)の一人が、ひそかに撮影したものです。本展では、高さ2.6mの油彩画4点と、絵と向かい合わせに展示されるデジタル写真によるその複製、長大な鏡、隠し撮り写真の複製など、《ビルケナウ》に関連するものによって構成された空間を体験できる貴重な機会となります。その他にも、自身の家族写真や報道写真を元にぼやかして描くフォト・ペインティングや、カラーチャートと呼ばれる幾何学的でカラフルな絵画シリーズなど、作家が大切に手元に残してきた作品を中心に60年にわたる画業を紹介する内容となっています。リヒターが90歳を迎えた本年、現代美術ファンにとっては絶対に見逃せない展覧会にどうぞご期待下さい。

以下の応募フォームにてご応募下さい。
チケットの発送をもって当選者の発表に代えさせていただきます。

プレゼント番号【1】
「ゲルハルト・リヒター展

[会場]東京国立近代美術館
[会期]6月7日~10月2日
 巡回⇒10月15日~2023年1月29日 愛知・豊田市美術館
[休館日]月曜日(ただし7月18日、9月19日は開館)、7月19日、9月20日
[開館時間]10:00~17:00(金・土曜は10:00~20:00) ※いずれも入館は閉館の30分前まで
[問合せ]050-5541-8600(ハローダイヤル)
[詳細] https://richter.exhibit.jp/
[応募締切]5月24日(火) ※プレゼントは東京展のチケットとなります。

※展覧会の会期等は変更になる可能性があります。展覧会公式サイトで最新情報をご確認の上お出かけ下さい。

関連リンク

雑誌紹介