ホーム > News Headlines > 『デッドライン』発売記念 千葉雅也×保坂和志 トーク&サイン会イベント「響きあう小説」

イベント/書店情報

『デッドライン』発売記念
千葉雅也×保坂和志
トーク&サイン会イベント「響きあう小説」

『デッドライン』発売記念 千葉雅也×保坂和志 トーク&サイン会イベント「響きあう小説」

開催日時 2019年12月16日(月)19:00〜21:00
会場 文喫 六本木
港区六本木6丁目1-20 六本木電気ビルディング1F
問い合わせ先 Tel.03-6438-9120
URL 詳細はこちらをご覧ください。
備考 〈チケット〉
・書籍『デッドライン』付イベント参加チケット/¥3,245
・イベント参加チケット/¥2,200
・【定期会員限定】書籍『デッドライン』付イベント参加チケット/¥2,145
・【定期会員限定】イベント参加チケット/¥1,100

著者紹介

千葉雅也チバ・マサヤ

1978年栃木県生まれ。東京大学教養学部卒業。東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻表象文化論コース博士課程修了。博士(学術)。2019年11月現在は立命館大学大学院先端総合学術研究科准教授。著書に『動きすぎてはいけない――ジル・ドゥルーズと生成変化の哲学』『勉強の哲学――来たるべきバカのために』『意味がない無意味』『アメリカ紀行』など。『デッドライン』が初の小説作品となる。

保坂和志ホサカ・カズシ

1956年、山梨県生まれ。鎌倉で育つ。早稲田大学政経学部卒業。1990年『プレーンソング』でデビュー。1993年『草の上の朝食』で野間文芸新人賞、1995年『この人の閾(いき)』で芥川賞、1997年『季節の記憶』で平林たい子文学賞、谷崎潤一郎賞、2013年『未明の闘争』で野間文芸賞、2018年、『ハレルヤ』所収の「こことよそ」で川端康成文学賞を受賞。その他の著作に『カンバセイション・ピース』『小説の自由』『あさつゆ通信』『猫の散歩道』ほか。

書籍紹介