ホーム > 雑誌を探す > 雑誌詳細:波 > 雑誌詳細:波 2014年11月号

[中脇初枝『みなそこ』刊行記念特集]

波 2014年11月号

(毎月27日発売)

102円(税込)

雑誌の仕様

発売日:2014/10/27

発売日 2014/10/27
JANコード 4910068231147
価格 102円(税込)

[中脇初枝『みなそこ』刊行記念特集]
重松 清/生者と死者の帰郷の物語
【インタビュー】中脇初枝/今この瞬間に存在する儚さと美しさを

[梅原 猛『親鸞「四つの謎」を解く』刊行記念特集]
五木寛之/親鸞の森に投じられた剛速球
芹沢俊介/齢九十で挑んだ新しい親鸞伝

山本一力『べんけい飛脚』
村上信夫/べんけい力さん

中沢けい『麹町二婆二娘孫一人』
中島京子/五世代の亥女たちとちょっと懐かしい東京

[今野 敏『自覚―隠蔽捜査5.5―』刊行記念特集]
【著者インタビュー】今野 敏/贅沢な短篇小説
関口苑生/成長していく脇役たち

黒川 創『京都』
大竹昭子/人の声と町の記憶が織りなすポリフォニー

エリック・フォトリノ『光の子供』(新潮クレスト・ブックス)
江南亜美子/幻影としての女たち

高殿 円『マル合の下僕』
今野 浩/非常勤講師の実態を白日の下にさらすキャンパス小説

【『冬を待つ城』刊行記念インタビュー】
安部龍太郎/戦国最後を飾る謎の籠城戦

都甲幸治『生き延びるための世界文学―21世紀の24冊―』
町田 康/スパゲッティーの味

中村智志『あなたを自殺させない―命の相談所「蜘蛛の糸」佐藤久男の闘い―』
柳田邦男/自死から再生した人々の言葉

石原千秋監修・新潮文庫編集部編『新潮ことばの扉 教科書で出会った名詩一〇〇』(新潮文庫)
石原千秋/教科書時代の私たち

ジョンソン祥子『いつもとなりに ~Maru in Michigan~』
杏/犬が、子どもに教えてくれること

【『吉田美和歌詩集LOVE/LIFE』刊行記念対談】
中村正人×豊崎由美/未来に手渡す現代の万葉集

笠原和夫『映画はやくざなり』
楠瀬啓之/泥棒でも入れた(?)自由な場所で

新見正則『死ぬならボケずにガンがいい』
新見正則/医師としての節目に

今井一彰『あいうべ体操と口テープが病気を治す! 鼻呼吸なら薬はいらない』
生島ヒロシ/健康マニアが辿り着いた「鼻呼吸」

長友姫世『オリーブオイル・ガイドブック』
日高良実/新しい食文化を生むきっかけに

八代尚宏『反グローバリズムの克服―世界の経済政策に学ぶ―』(新潮選書)
清家 篤/「実学」にもとづく「公智」によって

梶原しげる『会話のきっかけ』(新潮新書)
梶原しげる/気まずさからの脱出

コラム
考える人―天才指揮者は何を語ったか?
三橋曉の海外エンタ三つ巴

連載
瀧井朝世/サイン、コサイン、偏愛レビュー 第56回
池上 彰/超訳 日本国憲法 第20回
藤野千夜/D菩薩峠漫研夏合宿 最終回
石原千秋/漱石と日本の近代 第17回
津村記久子/やりなおし世界文学 第6回
堀本裕樹、穂村弘/俳句と短歌の待ち合わせ 第15回
嵐山光三郎/芭蕉という修羅 第20回
森 まゆみ/子規の音 第10回
木皿 泉/カゲロボ日記 第7回
久間十義/デス・エンジェル 第16回
末盛千枝子/父と母の娘 第8回
津村節子/時のなごり 第38回

編集室だより 新潮社の新刊案内 編集長から

編集長から

◇有吉佐和子さんが亡くなられて三十年目の今年、新潮文庫でも『鬼怒川』『私は忘れない』『助左衛門四代記』の三作品を復刊しましたが、十一月一日から東京の杉並区立郷土博物館本館で「有吉佐和子歿後30年記念特別展」が開催されます(十二月七日まで、入館料百円)。38年間暮らし続けた杉並の町で行われる東京では初めての有吉さん個人の展示会で、『紀ノ川』『恍惚の人』の原稿や『有田川』創作ノートから、着物、茶道具といった愛用の品々、さらには昭和33年に行われた文士劇「音菊文春歌舞伎」に登場する映像など極めて貴重な資料の数々が公開され、その作品と人生にふれるまたとない機会です。十一月八日(土)には長女の玉青さんと評論家の川本三郎さんの対談も行われます(午後二時から定員60名、先着順)。お問い合わせは郷土博物館本館(電話03-3317-0841)まで。
◇藤野千夜さんの連載小説「D菩薩峠漫研夏合宿」は、今月号で終了となります。ご愛読いただき、有難うございました。いずれ小社で単行本化を予定しています。次号からはドリアン助川さんの「ニューヨーク・サン・ソウル」が始まります。心がひりつくような、切なく熱い青春小説です。

バックナンバー

雑誌バックナンバーの販売は「発売号」と「その前の号」のみとなります。ご了承ください。

雑誌から生まれた本

波とは?

1967(昭和42)年1月、わずか24頁、定価10円の季刊誌として「波」は誕生しました。新潮社の毎月の単行本の刊行数が10冊に満たず、新潮文庫の刊行も5冊前後といった時代でした。この後、1969年に隔月刊に、1972年3月号からは、毎月刊行の月刊誌となりました。現在も続く「表紙の筆蹟」は、第5号にあたる1968年春季号の川端康成氏の書「風雨」からスタートしました。

 創刊号の目次を見てみると、巻頭がインタビュー「作家の秘密」で、新作『白きたおやかな峰』を刊行した北杜夫氏。そして福田恆存氏のエッセイ。続く「最近の一冊」では、小林秀雄、福原麟太郎、円地文子、野間宏、中島河太郎、吉田秀和、原卓也といった顔触れが執筆しています。次は大江健三郎氏のエッセイ。続いて「ブックガイド」欄では、江藤淳氏がカポーティの『冷血』を、小松伸六氏が有吉佐和子氏の『華岡青洲の妻』を論評しています。

 以来41年、2007(平成19)年6月号で通巻450号を迎えました。読書情報誌としての重要な役割の情報発信はもちろんのことですが、「波」連載からは数々のベストセラーが誕生しています。小川国夫『青銅時代』、三浦哲郎『木馬の騎手』、山口瞳『居酒屋兆治』、藤沢周平『本所しぐれ町物語』、井上ひさし『私家版 日本語文法』、遠藤周作『イエスの生涯』(「聖書物語」を改題)、小林信彦『ちはやふる奥の細道』『おかしな男 渥美清』、阿川弘之『食味風々録』、櫻井よしこ『何があっても大丈夫』などなど。

 2007年1月号からはレイアウトもリニューアル、頁数も増え128頁となりました。これからも、ひとところにとどまらず、新しい試みで、読書界・文学界の最新の「波」を読者の方々にご紹介していきたいと思っています。