ホーム > 書籍詳細:さざ波の記憶

さざ波の記憶

安西カオリ/文 、安西水丸/絵

1,980円(税込)

発売日:2019/11/20

書誌情報

読み仮名 サザナミノキオク
装幀 安西水丸/絵、岡本健/装幀
発行形態 新潮社図書編集室
判型 四六判
頁数 150ページ
ISBN 978-4-10-910151-6
C-CODE 0095
ジャンル エッセー・随筆
定価 1,980円

大切にしたいモノ、思い、記憶……。深い思索が伝わる文章を父・安西水丸の遺した青インクのイラストとともに。著者初のエッセイ集!

青く黒い海。強い風が吹きつけ、白い波が岩肌にはじける。辺りを飲み込むような轟音に包まれ、海の前で立ちつくす。嵐が来たわけではない。父が幼少期を過ごしたという房総半島の港町・千倉で迎えてくれる海はいつもこんな感じだった……。幼少期の記憶を辿る「荒れた海辺の記憶」を始め、折に触れて綴った21編。父・安西水丸の遺した青インクのイラストが彩ります。

著者プロフィール

安西カオリ

アンザイ・カオリ

東京都生まれ。エッセイスト、絵本作家。大学卒業後、新聞社・会社勤務を経て、執筆活動を始める。近著に『安西水丸のどうぶつパシャパシャ』(安西水丸と共著)。

安西水丸

アンザイ・ミズマル

(1942-2014)1942年東京生まれ。イラストレーター。日本大学芸術学部美術学科卒。電通、ADAC(ニューヨーク)、平凡社を経て独立。朝日広告賞、毎日広告賞などを受賞。小説、エッセイ、絵本、漫画なども多数執筆。2014年3月19日逝去。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

安西カオリ
登録
安西水丸
登録
エッセー・随筆
登録

書籍の分類