ホーム > 書籍詳細:源氏物語・隣の女

源氏物語・隣の女

向田邦子/著

5,280円(税込)

発売日:2001/01/05

書誌情報

読み仮名 ゲンジモノガタリ/トナリノオンナ
シリーズ名 新潮オンデマンドブックス
発行形態 オンデマンドブックス
判型 新潮オンデマンドブックス
頁数 488ページ
ISBN 978-4-10-865050-3
定価 5,280円

テレビドラマの鬼才・向田邦子の傑作シナリオ、6編を収録

亡き母に生きうつしといわれる、父帝の妃・藤壺を恋慕しつつ凛々しく成人した光源氏の、甘美な愛の遍歴を雅びなせりふで語る「源氏物語」。隣りに住むスナックのママの情事に深入りし、その情人と関係を持った人妻の非日常性を描く「隣りの女」。出稼ぎ男の殺人事件を機に現代の家族像を浮彫りにする「七人の刑事」など、テレビドラマの鬼才・向田邦子の傑作シナリオ、6編を収録する

著者プロフィール

向田邦子

ムコウダ・クニコ

(1929-1981)1929(昭和4)年、東京生れ。実践女子専門学校(現実践女子大学)卒。人気TV番組「寺内貫太郎一家」「阿修羅のごとく」など数多くの脚本を執筆する。1980年『思い出トランプ』に収録の「花の名前」他2作で直木賞受賞。著書に『父の詫び状』『男どき女どき』など。1981年8月22日、台湾旅行中、飛行機事故で死去。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

向田邦子
登録

書籍の分類