ホーム > 書籍詳細:花の名前/かわうそ

花の名前/かわうそ

向田邦子/原作 、加藤治子/朗読 、奈良岡朋子/朗読

2,200円(税込)

発売日:2007/02/22

書誌情報

読み仮名 ハナノナマエカワウソ
シリーズ名 新潮CD
発行形態 オーディオブック
判型 [1CD]52分
ISBN 978-4-10-830192-4
C-CODE 0893
ジャンル 文学賞受賞作家
価格 2,200円

夫婦にひそむ微妙なすれ違いをつづった「花の名前」と「かわうそ」。第83回直木賞受賞作を、当代の名女優が朗読する。向田邦子自身による貴重な談話解説付き。

目次
花の名前 朗読・加藤治子
(新潮文庫『思い出トランプ』に収載)
1~5[25:42]
銀婚式を過ぎた主婦のもとに、夫の愛人らしき女から電話があった。二人は、逢うことになるが……。第83回直木賞に輝いた名編。
かわうそ 朗読・奈良岡朋子
(同上)
6~12[23:53]
脳卒中の後遺症が残る夫・宅次と、年下の妻・厚子。中年夫婦にひそむ微妙なすれ違いをつづった傑作短編。直木賞受賞作。
付・向田邦子 自作を語る
13[2:27]

著者プロフィール

向田邦子

ムコウダ・クニコ

(1929-1981)1929(昭和4)年、東京生れ。実践女子専門学校(現実践女子大学)卒。人気TV番組「寺内貫太郎一家」「阿修羅のごとく」など数多くの脚本を執筆する。1980年『思い出トランプ』に収録の「花の名前」他2作で直木賞受賞。著書に『父の詫び状』『男どき女どき』など。1981年8月22日、台湾旅行中、飛行機事故で死去。

加藤治子

カトウ・ハルコ

東京生まれ。文学座、劇団雲を経て、TV、映画などで幅広く活躍。また、「寺内貫太郎一家」や「阿修羅のごとく」など向田作品への出演も多い。

奈良岡朋子

ナラオカ・トモコ

東京生まれ。劇団民藝の中心メンバーのひとりとして活躍。主な舞台作品に、「かもめ」(紀伊國屋演劇賞受賞)、「奇跡の人」(テアトロ演劇賞受賞)などがある。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

向田邦子
登録
加藤治子
登録
奈良岡朋子
登録
文学賞受賞作家
登録

書籍の分類