ホーム > 書籍詳細:プリニウス 9巻

プリニウス 9巻

ヤマザキマリ/著 、とり・みき/著

748円(税込)

発売日:2019/11/09

書誌情報

読み仮名 プリニウス09
シリーズ名 BUNCH COMICS
雑誌から生まれた本 新潮から生まれた本
発行形態 コミック、電子書籍
判型 B6判
頁数 193ページ
ISBN 978-4-10-772233-1
C-CODE 9979
ジャンル コミック
定価 748円
電子書籍 価格 682円
電子書籍 配信開始日 2019/11/09

ギリシアに全員集合! 自らが神となる欲望を語る皇帝ネロ、死を受け入れるコルブロ将軍、そして、人間の儚さを想うプリニウス……。ついに帝国崩壊か!?

ギリシアに到着したネロは、憧れの地で浮かれ狂う。しかし、またもや発覚した暗殺計画を知ると、奸臣の思惑どおり、古代ローマ随一の名将に非情な決断を下す。一方、ロドス島で捕縛されたプリニウス一行も、皇帝の待つコリントスへ。正気を失いつつあるネロは、ようやく再会したプリニウスに、自ら「太陽神」となる欲望を語る。その時、帝都ローマでは、流浪の果てに再び奴隷となった娼婦が……。ついに帝国崩壊のカウントダウンがスタート!?

関連コンテンツ

著者プロフィール

ヤマザキマリ

ヤマザキ・マリ

マンガ家。1967年4月20日東京都出身。1984年に渡伊、フィレンツェの国立アカデミア美術学院に入学。美術史・油絵を専攻。1997年にマンガ家としてデビュー。2010年古代ローマを舞台にした漫画『テルマエ・ロマエ』で第3回マンガ大賞受賞、第14回手塚治虫文化賞短編賞受賞、世界8カ国語に翻訳される。平成27年度芸術選奨文部科学大臣賞受賞。2017年には、イタリア共和国星勲章コメンダトーレ綬章。著書に『ルミとマヤとその周辺』『スティーブ・ジョブズ』『オリンピア・キュクロス』など。文筆作品では『ヴィオラ母さん』『パスタぎらい』『国境のない生き方』など。

とり・みき

トリ・ミキ

マンガ家。1958年2月23日熊本県生まれ。1979年「少年チャンピオン新人まんが賞」応募作の『ぼくの宇宙人』が佳作第一席に入りデビュー。以後ギャグマンガをメインにしながら、エッセイコミックやシリアスなSF・ホラー物も手がける。1994年『DAI-HONYA』1998年『SF大将』で星雲賞、1995年『遠くへいきたい』で文藝春秋漫画賞を受賞。主な作品に『クルクルくりん』『愛のさかあがり』『石神伝説』『冷食捜査官』『メカ豆腐の復讐』などがある。マンガ以外に『とり・みきの映画吹替王』『街角のオジギビト』などの研究書も。劇場版アニメ『WXIII機動警察パトレイバー』では脚本も担当。

関連書籍

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

ヤマザキマリ
登録
とり・みき
登録
コミック
登録

書籍の分類