ホーム > 書籍詳細:ルネサンスの女たち ―塩野七生ルネサンス著作集2―

戦乱と権力闘争の嵐のなかをしたたかに生き抜いた4人の女の物語。

ルネサンスの女たち ―塩野七生ルネサンス著作集2―

塩野七生/著

1,870円(税込)

本の仕様

発売日:2001/06/29

読み仮名 ルネサンスノオンナタチシオノナナミルネサンスチョサクシュウ02
シリーズ名 全集・著作集
全集双書名 塩野七生ルネサンス著作集
発行形態 書籍
判型 四六判変型
頁数 334ページ
ISBN 978-4-10-646502-4
C-CODE 0322
ジャンル 文芸作品、ノンフィクション、世界史
定価 1,870円

男の時代をしたたかに生きた美しくも個性的な女たち。その人生を通して、戦乱と権力闘争の中に芸術の花が咲き誇ったイタリアを鮮やかに描いたデビュー作。執筆当時を回想するインタビューも収録。

著者プロフィール

塩野七生 シオノ・ナナミ

1937年7月7日、東京生れ。学習院大学文学部哲学科卒業後、イタリアに遊学。1968年に執筆活動を開始し、「ルネサンスの女たち」を「中央公論」誌に発表。初めての書下ろし長編『チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』により1970年度毎日出版文化賞を受賞。この年からイタリアに住む。1982年、『海の都の物語』によりサントリー学芸賞。1983年、菊池寛賞。1992年より、ローマ帝国興亡の歴史を描く「ローマ人の物語」にとりくむ(2006 年に完結)。1993年、『ローマ人の物語I』により新潮学芸賞。1999年、司馬遼太郎賞。2002年、イタリア政府より国家功労勲章を授与される。2007年、文化功労者に選ばれる。2008ー2009年、『ローマ亡き後の地中海世界』(上・下)を刊行。2011年、「十字軍物語」シリーズ全4冊完結。2013年、『皇帝フリードリッヒ二世の生涯』(上・下)を刊行。2017年、「ギリシア人の物語」シリーズ全3巻を完結させた。

判型違い(文庫)

感想を送る

新刊お知らせメール

塩野七生
登録する
文芸作品
登録する
世界史
登録する

書籍の分類

この分類の本