ホーム > 書籍詳細:スマホで薬物を買う子どもたち

スマホで薬物を買う子どもたち

瀬戸晴海/著

924円(税込)

発売日:2022/07/19

書誌情報

読み仮名 スマホデヤクブツヲカウコドモタチ
シリーズ名 新潮新書
装幀 新潮社装幀室/デザイン
発行形態 新書、電子書籍
判型 新潮新書
頁数 254ページ
ISBN 978-4-10-610957-7
C-CODE 0236
整理番号 957
ジャンル ノンフィクション
定価 924円
電子書籍 価格 924円
電子書籍 配信開始日 2022/07/19

「ウチの子は大丈夫」は、通用しない。元マトリが明かす「密売革命」、驚愕の実態!

カラフルな絵文字に隠語の数々、派手な宣伝文句が氾濫するSNSや、秘匿アプリを通じて、今日も違法薬物が売られている。親に隠れて手を出すのは中高生や大学生、売人もまたごく普通の若者たちだ。スマホを介した「密売革命」によって、子どもたちの薬物汚染は近年、急速に蔓延している。ひと昔前とは様変わりした最新ドラッグ事情から、安易な誤解で広がる大麻の脅威まで、元「マトリ」トップが実例とともに徹底解説。

目次
はじめに――ネットで激変、薬物事情の今
第1章 スマホとクスリ
――SNSでは毎日が「薬物」特売セール
SNSの普及がもたらした「密売革命」/隠語を駆使するネット密売の実態/最新のトレンドは「絵文字」/子どもが持つスマホのアプリは要確認
第2章 「わが子に限って」は通用しない(一)
――真面目な女子大生が大麻に嵌るまで
最愛の娘が尿の提出を求められた/沖縄旅行で「大麻」初体験/ツイッターで売人に接触/ついに家族にバレるも……/マトリの「ガサ入れ」に遭遇/大麻は「お洒落なハーブ」/薬物乱用は仲間へ伝播する/「金パブ」に酔う若者たち
第3章 「わが子に限って」は通用しない(二)
――女子高生を狙う「レイプドラッグ」
睡眠薬が犯罪ツールに/「お姉ちゃん、泣いてるで」/少女に何が起こったか/「学校にも友達にも知られたくない」/出会い系はネット犯罪の温床/「ツイッターはかかりがいい」/SNSで騙されないための注意点/お酒もレイプドラッグになる/出会わなくても「性被害」には巻き込まれる
第4章 「わが子に限って」は通用しない(三)
――大学生が覚醒剤密売に手を染めるまで
わが子が密売人として逮捕される/プロが嗅ぎ取った“あやしい”兆候/垣間見える「特有の症状」/ガサ入れ開始/サイレン音で激しい発作/「エスはすげえぞ」/失恋の痛手から薬物に嵌る/タタキに遭った素人「密売人」/親からもらった金が注射痕に化ける/薬物の本当の怖さ/骨までしゃぶるから“シャブ”
第5章 乱用から依存、そして死へ
――薬物乱用者のリアルな証言
薬物乱用者は見た目で分かるのか/入手先は意外な人物/「乱用」の結果、「依存」が生じる/精神依存と身体依存/なぜ5回も6回も逮捕されるのか/多岐にわたる薬物の種類と、その効果/記憶に残る乱用者「健太」の証言/深入りした先に待つのは死のみ
第6章 危険ドラッグが奪った人生
――「被害者にも加害者にもなってほしくない」
猛毒「危険ドラッグ」/数週間で「新種」が登場/遺族の悲痛な胸中と、切なる願い/〈長野県中野市での事故〉/〈香川県善通寺市での事故〉/二度と悲劇を繰り返してはならない
第7章 緊急提言:大麻合法化は危険である
近年、海外での一部合法化とともに、依存性や健康被害が少ないという安直な誤解が広がり、若者たちの間で急速に蔓延しているのが大麻だ。そもそも大麻とは何か、危険性はどこにあるのか。成分や効力など基礎知識から最新事情まで、27の質疑応答。
薬物は「自分事」――あとがきに代えて

インタビュー/対談/エッセイ

「わが子に限って大丈夫」は通用しない

瀬戸晴海

 皆さんは「野菜」「サラダ」「クサ(草)」「88」と聞いて何を思い浮かべるでしょうか。実は、これらは全て大麻の隠語です。同様に「アイス」「氷」「エス」といえば覚醒剤を指します。
 こうした隠語を、「手押し」(手渡しの意味で、配達・直取引が可能なこと)という言葉と共にネット上で検索すると、ツイッターやインスタなどのSNSや、5ちゃんねる、FC2をはじめとする掲示板に次々と薬物販売広告が現れます。
 ご家族に若いお子さんがいる方は、ぜひ一度、ご自分のスマホで検索してみてください。大麻や覚醒剤、コカイン、MDMAをはじめ、多種多様な薬物が公然と販売される野放図な現状を突きつけられるはずです。堂々と“ブツ”の画像をアップしてバラエティ豊富な品揃えを誇示するだけでなく、〈拡散してくれた方に1gプレゼント〉といった誘客広告まで目に飛び込んできます。
 ただ、それでもなお、多くの方々は次のように考えるのではないでしょうか。「薬物のネット密売が大変なことになっているのは分かった。でも、自分の子どもとは関係のない話だ」と。
 麻薬取締官(マトリ)時代を含め、40年以上にわたって薬物対策に携わってきた私が、本書を執筆した動機は、まさにそのような認識を改めてほしいと切に願っているからに他なりません。薬物問題は決して他人事ではなく、「わが子に限って」が通用しない時代が到来しているのです。
 SNSの普及がもたらした「密売革命」と呼ぶべき現象によって、誠に残念ながら、日本でも「誰もが簡単に薬物を手に入れることのできる環境」が整ってきました。端的に申し上げると、いまはスマホさえあれば、インターネット上で薬物情報を難なく得ることができます。そして、親世代よりネット知識に通じ、SNSを日常的に活用する、好奇心旺盛な子どもたちは、先ほどのような画面を当然のようにスマホで目にしています。
 2020年の薬物事犯の検挙者数は、過去10年で最多の1万4567人。中でも大麻を巡る犯罪は激増しており、中高生を含む少年だけで899人という驚くべき数に上ります。
 ここで重要なのは、SNSを通じたネット密売が普及したことで、薬物に手を出すのがいわゆる非行少年だけではなくなった点にあります。親子関係が良好で、学校の成績も優秀、そんな子どもが、いとも簡単に大麻に嵌ってしまう。そうしたケースを私は何度となく目にしてきました。
 先進国としては例外的に薬物乱用が少なく「奇跡の国」と呼ばれた日本は、いま、大きな曲がり角に差しかかっています。子どもたちを被害者にも加害者にもしないために、まずは、大人たちが薬物問題の現状をきちんと認識してほしい。本書がその一助となれば幸いです。

(せと・はるうみ 元・麻薬取締部部長)
波 2022年8月号より

蘊蓄倉庫

併せて知りたい「マトリ」の捜査活動

 芸能人などが摘発されると大きなニュースにはなるものの、日本の薬物犯罪は国際的に見ればきわめて厳しく抑えこまれてきました。
 現在、国内で薬物犯罪を取り締まる組織には、海上保安庁、税関、警察、そして厚労省麻薬取締部、いわゆるマトリの4つの部門があり、大まかに言えば前者の二つは薬物の国外からの流入を阻止する水際対策を主に担い、国内での密売や流通などを取り締まるのが、警視庁はじめ各都道府県警の専門部署と麻薬取締官の仕事ということになります。
 警察との違いは、マトリは犯罪対応に加えて捜査対象である「ブツ」による健康被害を防ぐのも重要な任務であることで、大学で薬学を専攻し、薬剤師の国家資格をもつ捜査官が多くいます。警察と違って、マトリによる捜査の実際はほとんど知られていません。彼ら“麻薬Gメン”に関心のある方は、前著『マトリ―厚労省麻薬取締官―』を併せてお読みください。元マトリのトップによる本邦初の貴重な記録です。

掲載:2022年7月25日

著者プロフィール

瀬戸晴海

セト・ハルウミ

1956(昭和31)年、福岡県生まれ。明治薬科大学薬学部卒業後、厚生省麻薬取締官事務所(通称:マトリ)に採用され、薬物犯罪捜査の一線で活躍。九州部長、関東信越厚生局麻薬取締部部長などを歴任、人事院総裁賞を二度受賞。2018年に退官。著書に『マトリ』。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

瀬戸晴海
登録

書籍の分類