ホーム > 書籍詳細:令和の巨人軍

令和の巨人軍

中溝康隆/著

814円(税込)

発売日:2020/06/17

書誌情報

読み仮名 レイワノキョジングン
シリーズ名 新潮新書
装幀 新潮社装幀室/デザイン
発行形態 新書、電子書籍
判型 新潮新書
頁数 207ページ
ISBN 978-4-10-610865-5
C-CODE 0275
整理番号 865
定価 814円
電子書籍 価格 814円
電子書籍 配信開始日 2020/06/19

61歳の若大将 原辰徳。待望の生え抜き4番 岡本和真。不動のエース 菅野智之。史上最高の遊撃手 坂本勇人。“今”の巨人軍が一番面白い! 当代一のウォッチャーによる、新しいジャイアンツ論。

王・長嶋もゴジラもいない。地上波中継はなく、人気・実力は他球団と拮抗中。それでも巨人軍は永久に不滅です――。“悪役”として戻ってきた若大将、史上最高の遊撃手、待望の生え抜き4番と今も“役者”は揃っている。アップデートされた魅力を当代一のウォッチャーが徹底解説。次世代エースや歴代最強助っ人は? ポスト阿部と亀井の背中、ビール売り子の本音など、新旧G党もアンチも楽しめる新しいジャイアンツ論。

目次
はじめに
第一部 いつだって今のジャイアンツが面白い!
1.さらば昭和の読売巨人軍
「巨人の4番って、誰?」/「ジャイアンツ・アズ・ナンバーワン」の時代/サブカルチャー化する巨人軍/令和の巨人軍論を!
2.終わりの始まり
「平成最強スラッガー」の存在感/「巨人の4番」の海外流出/止むなき大型補強と若手原理主義
3.「失われた10年」の救世主
ことごとく伸び悩んだ“期待の若手”/そして誰もいなくなった……/どん底の巨人に現れた若き4番打者/高橋由伸の大いなる遺産
4.令和の原辰徳
“若大将”が“大御所”に/まさかのヒールターンから巨人監督歴代1位へ/原辰徳の功と罪/“新米監督”として
5.堀内政権は本当に“暗黒期”だったのか?
視聴率低下の“戦犯”/虚しすぎる「史上最強打線」/エース内海の告白/“歴史の谷間”の功績
6.獲るか、育てるか――FA組と育成選手
ふたりの“育成の星”/育成選手のリアル/2010年代が巨人に残したもの
7.ジャイアンツの「ロスト・ジェネレーション」
「昭和のプロ野球」にとどめを刺した“10.8”/“伝統”から自由な「ロスト・ジェネレーション」/残ったのは二岡だけ
8.クロマティの幻影――平成の巨人助っ人
最強の“生え抜き”助っ人は?/仁義なき引き抜き/「助っ人も育てる」新路線
第二部 誰が令和の巨人軍を背負うのか
1.「異端のスペシャル・ワン」坂本勇人
伝統に負けない“軽さ”/読めない内面、謎の私生活/令和のスーパースターの使命とは?
2.「愛と幻想のエース」菅野智之
「エースはドラ1」という鉄則/“タツノリの甥っ子”から日本を代表するエースに/「巨人の菅野」に残された時間/次のエースは誰だ!?
3.そして亀井だけが残った
その背中に見た希望/覚醒と迷走/中堅サラリーマンの鑑/困った時の亀ちゃん
4.小林誠司、ポスト阿部世代の憂鬱
レジェンドの引退/受難の小林誠司/「打てる捕手」という高すぎるハードル/「正捕手」をワリカン
5.名脇役、募集中。
“主役”を降りる覚悟/足りないのは“名脇役”/一軍で戦うために自分だけの“武器”を磨け/出でよ、令和の“クセ者”
6.元祖“クセ者”の30年
元木大介vs.大森剛/悲願の巨人入り/現場復帰とヘッドコーチ就任/大森剛との幸福な因縁
第三部 球場観戦は最高のエンターテインメント
1.東京ドームは好きですか?
“観光地”としての東京ドーム/平成を“完走”したホームスタジアム/限りなく透明に近いビッグエッグ/次の巨人軍のホームスタジアムは?
2.東京ドームは美味しいですか?
「球場飯」という醍醐味/2019年「ドームグルメ」ベスト5
3.野球ファンが知らない「ビール売り子」のリアル
常連客からのプレゼント/就職面接に強い売り子経験/毎日ガチンコ! 売り子バトルの真実/「東京ドームで自分の力を試したい」
4.巨人ファンは他球団をどう見ているか?
【阪神タイガース】/【広島東洋カープ】/【横浜DeNAベイスターズ】/【東京ヤクルトスワローズ】/【中日ドラゴンズ】
5.巨人ファンは永久に不滅なのか?
星野巨人、イチロー獲得、清武の乱……/G党にとって最大の敵とは?/巨人ファンであることを全面肯定したい
おわりに

インタビュー/対談/エッセイ

“今”のジャイアンツも最高です。

中溝康隆

 私は、現役巨人ファンである。
 という書き出しに、懐かしさを感じる人も多いのではないだろうか。昭和の時代は、仕事が終わり帰宅すると、ビール片手にテレビの地上波ナイター中継を見て、巨人が負けると不機嫌になるお父さんが日本全国にいた。会社の喫煙所では今日の天気を語るように、昨日の巨人の継投について「王監督も鹿取を投げさせすぎたよ」なんて議論を交わす。典型的な“ジャイアンツオヤジ”たちである。
 1983年(昭和58年)の巨人戦年間平均視聴率は、なんと27・1パーセントを記録。あの頃、ゴールデンタイムにテレビをつけたらいつもやっていた巨人戦は、まさに“国民的娯楽”だった。1979年に埼玉県で生まれた私もG党で、熱烈な原辰徳ファンのジャイアンツチルドレンのひとりだ。まるで教科書のようにプロ野球選手名鑑を暗記し、1990年代になっても教室の片隅で、今日の給食について語るように「昨日のゴジラ松井のホームラン見た?」と盛り上がったものだ。
 それが、いつからだろうか? 我々の日常の会話から巨人が消えた。思えば、2001年限りで長嶋茂雄監督が勇退し、2002年オフに松井秀喜がニューヨークへ去った。スーパースター不在で徐々に視聴率は低迷し、やがて各局が巨人戦の地上波中継をほぼ打ち切る。高橋由伸が衰え、上原浩治も憧れのメジャーリーグへ。テレビCMでもYGマークを見かけなくなり、最近のジャイアンツで知っている選手は阿部慎之助ぐらい……。もう現在進行形の4番打者やエースは知らない。気が付けば、世の中にそういう元巨人ファンが増えた。
 だが、今の巨人は85年以上の球団史でも屈指の才能が集結している。主将を務める坂本勇人はセ・リーグ史上最年少の通算2000安打を狙い、4番を打つ24歳の岡本和真は松井以来の生え抜き打者3年連続30本塁打に挑戦する。エース菅野智之は、伝説の稲尾和久が持つ最優秀防御率5度のプロ野球記録に挑む。チームを指揮するのは61歳の原辰徳監督である。
 確かにV9を達成したあの頃の巨人は最強だった。でも、今の巨人も最高だ。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で開幕が約3か月遅れ、無観客でのスタートとなる2020年のペナントレースは、日本テレビで巨人の主催試合を開幕戦から5試合連続の地上波放送することが話題となった。エンタメ業界の底力が問われる中、プロ野球への注目度も例年以上に高い。久々に巨人に興味を持った人も少なからずいるだろう。だから、今さらじゃなく、今こそ時代に合わせアップデートした巨人論が求められている。
 この本は現役巨人ファンはもちろん、そんな帰ってきた元G党のあなたに、今のジャイアンツを、つまり「令和の巨人軍」の面白さをプレゼンするつもりで書いたものである。

(なかみぞ・やすたか ライター)
波 2020年7月号より

担当編集者のひとこと

新しいジャイアンツ論!

 王・長嶋の時代、あるいは松井秀喜が活躍していた頃までは追っかけていたけど、最近のジャイアンツはあまり……という人も多いのではないでしょうか。地上波での放送も少なくなり、各球団の人気と実力も拮抗した現在、巨人軍に冠せられた「球界の盟主」という称号は過去のものなのでしょうか――。
「いやいや、今のジャイアンツが一番面白い!」と、その魅力を語るのが、当代一のウォッチャーである中溝康隆氏の新刊『令和の巨人軍』です。“61歳の若大将”“史上最高の遊撃手”“待望の生え抜き4番”など、アップデートされた巨人の魅力がこれでもかと詰まった一書です。どんなエンターテインメントでも、“現在進行形”の姿が魅力的でなければ、そのジャンルの将来は明るくありません。コロナウイルスの影響で延期となっていたプロ野球も、6月19日にようやく開幕。これ以上ないタイミングでの発売となりました。

2020/06/25

著者プロフィール

中溝康隆

ナカミゾ・ヤスタカ

1979(昭和54)年埼玉県生まれ。ライター。現役巨人ファン。2010年開設のブログ「プロ野球死亡遊戯」が現役選手にも話題に。「文春野球コラム2017」では巨人担当として初代日本一に輝く。著書に『プロ野球死亡遊戯』『原辰徳に憧れて』等。

Twitter:プロ野球死亡遊戯 (外部リンク)

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

中溝康隆
登録

書籍の分類