ホーム > 書籍詳細:卵が私になるまで―発生の物語―

卵が私になるまで―発生の物語―

柳澤桂子/著

1,100円(税込)

発売日:1993/05/26

書誌情報

読み仮名 タマゴガワタシニナルマデハッセイノモノガタリ
シリーズ名 新潮選書
発行形態 書籍
判型 四六判変型
ISBN 978-4-10-600437-7
C-CODE 0345
ジャンル 生物・バイオテクノロジー
定価 1,100円

一ミリにも満たない受精卵は、どういうメカニズムで《人間のかたち》になるのだろう? 生物学の最前線が探り得た驚くべき生命現象を分かりやすく解説。

  • 受賞
    第10回 講談社出版文化賞 科学出版賞

まとめテーマでくくる 本選びのヒント

著者プロフィール

柳澤桂子

ヤナギサワ・ケイコ

1938(昭和13)年、東京生れ。お茶の水女子大学を卒業後、分子生物学勃興期にコロンビア大学大学院を修了、慶應義塾大学医学部助手を経て、三菱化成生命科学研究所の主任研究員として活躍中に、激しい痛みとしびれを伴う原因不明の病に倒れる。以後30年以上を闘病しながら、医療問題や生命科学に関する執筆活動を行っている。『お母さんが話してくれた生命の歴史』『卵が私になるまで』『二重らせんの私』『生きて死ぬ智慧』など、著書・受賞多数。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

柳澤桂子
登録
生物・バイオテクノロジー
登録

書籍の分類