ホーム > 書籍詳細:ゴリラの森、言葉の海

野生の思考と小説家の言葉が響き合い、ゴリラとヒトが紡ぐ物語が、鮮やかに浮かび上がる。

ゴリラの森、言葉の海

山極寿一/著 、小川洋子/著

1,620円(税込)

本の仕様

発売日:2019/04/25

読み仮名 ゴリラノモリコトバノウミ
装幀 YOSHiNOBU/カバー立体制作・撮影、菅野健児(新潮社写真部)/表紙、新潮社装幀室/装幀
雑誌から生まれた本 新潮から生まれた本
発行形態 書籍
判型 四六判
頁数 222ページ
ISBN 978-4-10-401308-1
C-CODE 0095
ジャンル 文学賞受賞作家
定価 1,620円

いざ、物語のジャングルへ……野生の眼を持つ霊長類学者とヒトの心の森に分け入る小説家。ある時は京都大学の研究室で、またある時は屋久島の自然の中で、現代に生きるヒトの本性をめぐって、いきいきとした対話が続けられた。野生のゴリラを知ることは、ヒトが何者か自らを知ること――。発見に満ちた知のフィールドワークが始まる。

著者プロフィール

山極寿一 ヤマギワ・ジュイチ

1952(昭和27)年、東京都生れ。霊長類学者・人類学者。京都大学理学部卒、同大学院理学研究科博士課程修了。アフリカ・ルワンダのカリソケ研究センター研究員、日本モンキーセンター、京都大学霊長類研究所、同大学院理学研究科助教授を経て同研究科教授。2014(平成26)年10月より京都大学総長。『父という余分なもの―サルに探る文明の起源―』『おはよう ちびっこゴリラ』(絵本)『暴力はどこからきたか―人間性の起源を探る―』『ゴリラからの警告「人間社会、ここがおかしい」』など著書多数。

小川洋子 オガワ・ヨウコ

1962(昭和37)年、岡山県生れ。早稲田大学第一文学部卒。1988年「揚羽蝶が壊れる時」で海燕新人文学賞を受賞。1991(平成3)年「妊娠カレンダー」で芥川賞受賞。2004年『博士の愛した数式』で読売文学賞、本屋大賞を受賞。『ブラフマンの埋葬』で泉鏡花文学賞、2006年『ミーナの行進』で谷崎潤一郎賞、2013年『ことり』で芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。『薬指の標本』『琥珀のまたたき」など多数の小説、エッセイがある。フランスなど海外での評価も高い。

目次

はじめに――小川洋子
I ゴリラとヒトが分かち合う物語
河合隼雄先生が導いた「偶然」
二十六年ぶりに蘇った記憶
ゴリラも孤独をかみしめる
ゴリラの共感能力
高い社会性を有するゴリラたち
人間のオスはなぜハゲる
ゴリラと人間の文化的相似性
人間の言葉の起源を探る
言葉によらない共感を描く
II ゴリラの背中で語り合う
家族愛に必要なもの
人間は本来多産な種
思春期から現れる男女の違い
なぜゴリラは子を殺すのか
人間の暴力性の根源
言語・死者・共感から戦争が生まれた
敗者として進化した人類
子育てからコミュニケーションへ
III ゴリラとヒトの間で遊ぶ
ゴリラの同性愛を発見
遊びと性衝動
信頼関係を作る方法
時間が作り出すもの
父親の役割
愛という不思議な心
殺しの闇とは何か
IV 屋久島の原生林へ
[一日目]
アコウの木
森に分け入る
ガジュマルの樹の下で
衣食住の「衣」を考える
森の中の道
私が小説を書くときは……
[二日目]
屋久島高地の森で
おわりに――山極寿一

感想を送る

新刊お知らせメール

山極寿一
登録する
小川洋子
登録する
文学賞受賞作家
登録する

書籍の分類

この分類の本

ゴリラの森、言葉の海

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto