ホーム > 書籍詳細:怪談小説という名の小説怪談

怪談小説という名の小説怪談

澤村伊智/著

1,760円(税込)

発売日:2022/06/30

書誌情報

読み仮名 カイダンショウセツトイウナノショウセツカイダン
装幀 Q-TA/装画、新潮社装幀室/装幀
雑誌から生まれた本 小説新潮から生まれた本
発行形態 書籍、電子書籍
判型 四六判変型
頁数 284ページ
ISBN 978-4-10-354641-2
C-CODE 0093
ジャンル 文芸作品
定価 1,760円
電子書籍 価格 1,760円
電子書籍 配信開始日 2022/06/30

狂気とは、怪奇とは、そして、それを語るということとは――。恐怖の概念を揺さぶる、唯一無二の「怪談小説」集。

深夜の高速道路で語られる百物語、学校を彷徨(さまよ)う伝説の幽霊、子連れでの散歩中に遭遇した呪いの物件……。古今語り継がれる「怪談」の数々を、ホラー界の旗手が戦慄のアップデート。精緻な技巧と無慈悲な想像力が邂逅を果たすとき、そこに真の〈恐怖〉が現出する――。「小説」ならではの企みに満ちた、著者真髄特濃短編集。

目次
高速怪談
笛を吹く家
苦々陀の仮面
こうとげい
うらみせんせい
涸れ井戸の声
怪談怪談

著者プロフィール

澤村伊智

サワムラ・イチ

1979年大阪府生まれ。2015年「ぼぎわん」(刊行時『ぼぎわんが、来る』に改題)で第22回日本ホラー小説大賞を受賞。同作は『来る』のタイトルで映画化もされる。2017年『ずうのめ人形』が第30回山本周五郎賞候補に選出。2019年「学校は死の匂い」で第72回日本推理作家協会賞(短編部門)を受賞。2020年『ファミリーランド』で第19回センス・オブ・ジェンダー賞特別賞を受賞。近著に『邪教の子』、『怖ガラセ屋サン』などがある。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

澤村伊智
登録
文芸作品
登録

書籍の分類