ホーム > 書籍詳細:敗れども負けず

この清々しいまでに惨めな負け様を見よ! どん底から立ち上がる敗戦の将たちを描く時代連作。

敗れども負けず

武内涼/著

1,728円(税込)

本の仕様

発売日:2018/03/22

読み仮名 ヤブレドモマケズ
装幀 宮川雄一『戦火の武者』/装画、新潮社装幀室/装幀
雑誌から生まれた本 小説新潮から生まれた本
発行形態 書籍、電子書籍
判型 四六判変型
頁数 254ページ
ISBN 978-4-10-350642-3
C-CODE 0093
ジャンル 歴史・時代小説
定価 1,728円
電子書籍 価格 1,382円
電子書籍 配信開始日 2018/09/07

奸臣を侍らせ、女色に耽っていた関東管領・上杉憲政は、最愛の息子を討たれ、城を追われる。すべてを失った男が、難民となった領民たちと共に見た景色とは――使命に目覚める者、伴侶を見つけた者、負けることでしか望みを叶えられなかった者。時代小説界の新鋭が、敗れた武将たちに芽生える不屈の闘志を描く人間賛歌。

著者プロフィール

武内涼 タケウチ・リョウ

1978年群馬県生まれ。早稲田大学第一文学部卒。映画、テレビ番組の制作に携わった後、第17回日本ホラー小説大賞の最終候補作となった原稿を改稿した『忍びの森』でデビュー。2015年『妖草師』シリーズが徳間文庫大賞を受賞。さらに同シリーズで「この時代小説がすごい2016」〈文庫書き下ろし部門〉第1位に。他の著書に、『戦都の陰陽師』シリーズ、『忍び道』シリーズ、『吉野太平記』『秀吉を討て』『暗殺者、野風』など。権力に翻弄される人々の悲劇を描いた『駒姫―三条河原異聞―』が好評を博し、「オール讀物」の第7回「本屋が選ぶ時代小説大賞」の候補作となり、「週刊朝日」の2017年「歴史・時代小説ベスト10」で3位に選ばれた。

書評

苦戦を強いられる現代人への応援歌

本郷和人

 高校生の時に出会った鮮烈な文章に「人生に(もしくは、人間に、だったか)不可能はない」というものがあった。人は強く望めば何でもできる。望みが叶うように努力するのは当然。ポストが欲しければ前任者を陥れれば良いし、宝物を手に入れたければ盗めば良い。道徳を踏み外したり法に触れるのを怖れるのは、望みが微弱だからに他ならない、と説く。犯罪のすすめでは断じてない。文章を書いた人(国語テストの問題文だったので誰かは知らない)の真意は、生まれた家が、学歴が、時代がどうの等の弱音をはくのではなく、自分の人生を主体的に、力強く生きるべし、ということだろう。
 一方で、本多忠勝の「真の武士とは」の定義も印象的だ。平八郎忠勝といえば徳川家の「武」の象徴で、百戦錬磨の勇者である。戦場では一歩も引くなとか、大将の首だけを狙えとか勇ましいことを言うのかと思いきや、「主君が城を枕に討ち死にするとき、何も言わずにつきあってやる。それがまことの武士であり、家臣だ」というのだ。
 時は戦国の世。どんなにがんばっても、人間一人の能力はたかがしれている。失敗して、うまくいかなくて、死なねばならぬ時もあるだろう。そこをよく弁え、主人の最期に黙って寄り添う。それが勇者・本多忠勝流の「武士=家臣の本分」なのだ。
 右の2つは、正反対の内容にも見える。だが実は、ともに「人間を取り巻く環境の力は圧倒的で、個人が思いの通りに生きていくのは困難きわまりない」という認識を前提としている。私たちは自分の望みを叶えるために、環境と格闘しなくてはならない。その戦いはつらく、苦しい。環境をねじ伏せ、成功を手にできる人は一握りであるのが現実だ。
 本書が取り上げる上杉憲政、板額御前、龍造寺隆信、足利春王丸・安王丸、貞暁法印。みんな環境との戦いに「敗れた」人ばかりだ。憲政は後北条氏の攻勢を受けて、愛息は斬られ、自身は本拠である上野・平井城を追われた。板額は鎌倉幕府に受け入れられず、思い人の城長茂を失い、自身も絶望的な籠城を強いられた。隆信は、この人だけは他にやりようがあったろうと思わせるのだが、戦国随一の戦上手と謳われる島津家久との激闘に倒れた。春王丸・安王丸は強権をふるう将軍・足利義教に異議を申し立てて滅んだ。貞暁法印は源頼朝の実子でありながら、幕府の将軍に任じられることがなかった。
 彼らを弁護することはできないのだろうか。いや、そんなことは断じてない。憲政は良くも悪くも、私たちと同じ「普通の」人間だった。だから、早雲―氏綱―氏康と、優秀な当主が実績を重ねていく北条家に対抗することは困難を極めた。板額は女性ながらに弓の名手であったが、数十人で全国の武士を束ねる幕府にかなうはずがなかった。隆信は残忍だったが、父と祖父と一族を惨殺された彼の悲惨な少年時代を思えば、無理からぬところもある。春王丸・安王丸は10代になったばかりの子どもである。貞暁は、いやこの人は自己の人生を自身でつかみ取ったのだから、「敗れて」すらいないと考えるべきか。
 彼らは「敗れて」はいるが、環境との苦しい戦いを戦い抜いた。作者・武内涼は共感をもって彼らの軌跡をあとづける。彼らはそれぞれに力を尽くしている。その力の総量が迫りくる環境と比べて足りなかったのだとしても、それはもはや個々人の責任とはいえまい。この意味で彼らは、「敗れ」はしても、「負けて」はいないのだ。
 成功や得意を描く時代小説は数多い。だが、先にも述べたように、環境を屈服させることのできる人はごく僅かなのである。私たちと同様、飛び抜けた才能を持たぬ多くの人間はどこかで挫折し、脱落していく。勝ち続けるのは至難であり、特異例である。武内はそれをよくよく知っている。だから本書のごとき「優しい」小説が書けるのだ。
 言い訳をせずに、主体的に生きようではないか。弱者は弱者なりに。へたはへたなりに。そうすれば残念ながら「敗れ」はしても、けっして「負けた」ことにはならないのだ。武内が描く歴史的な物語は、現代に生きる私たちの生への極上の応援歌である。

(ほんごう・かずと 東京大学教授)
波 2018年4月号より
単行本刊行時掲載

目次

管領の馬
越後の女傑
沖田畷
春王と安王
もう一人の源氏

イベント/書店情報

感想を送る

新刊お知らせメール

武内涼
登録する
歴史・時代小説
登録する

書籍の分類

この分類の本

敗れども負けず

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto

敗れども負けず

以下のネット書店よりご購入ください。

※ 詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

電子書店

Shincho Live!