ホーム > 書籍詳細:空から降ってきた男―アフリカ「奴隷社会」の悲劇―

彼はなぜ命を懸けて欧州を目指したのか? 難民問題が生んだ愛と悲しみの実話。

空から降ってきた男―アフリカ「奴隷社会」の悲劇―

小倉孝保/著

1,650円(税込)

本の仕様

発売日:2016/05/18

読み仮名 ソラカラフッテキタオトコアフリカドレイシャカイノヒゲキ
発行形態 書籍、電子書籍
判型 四六判
頁数 254ページ
ISBN 978-4-10-350061-2
C-CODE 0095
ジャンル ノンフィクション
定価 1,650円
電子書籍 価格 1,320円
電子書籍 配信開始日 2016/11/11

ロンドン郊外の住宅地の路上で、ひとりの黒人青年がB777から墜落し息絶えていた。彼の持ち物はわずかな現金と携帯電話だけ。ジュネーブ、ケープタウン、アンゴラ、モザンビーク──SIMカードに残されたデータを頼りに事件の謎を追い、真相に迫るなかで見えてきたのは、現代の奴隷社会と言うべき過酷な現実だった。

著者プロフィール

小倉孝保 オグラ・タカヤス

1964年滋賀県生まれ。関西学院大学社会学部を卒業し、1988年毎日新聞社入社。カイロ、ニューヨーク両支局長、欧州総局(ロンドン)長を経て2015年7月より外信部長。2014年に日本人として初めて英国外国特派員協会賞(特派員部門)受賞。『柔の恩人「女子柔道の母」ラステイ・カノコギが夢見た世界』(小学館)で第18回小学館ノンフィクション大賞、第23回ミズノスポーツライター賞最優秀賞をダブル受賞。著書に『初代一条さゆり伝説 釜ヶ崎に散ったバラ』(葉文館出版)、『戦争と民衆 イラクで何が起きたのか』(毎日新聞社)、『大森実伝 アメリカと闘った男』(同)、『ゆれる死刑 アメリカと日本』(岩波書店)、『三重スパイ イスラム過激派を監視した男』(講談社)がある。

目次

序章 異様なほど晴れ渡った朝、突然
第1章 ルアンダ発ヒースロー行きBA76便
第2章 いったい彼は「誰」だったのか?
第3章 空飛ぶ棺
第4章 ジュネーブへ
第5章 現代のおとぎ話
第6章 ケープタウンでの運命の出会い
第7章 悲劇の始まり
第8章 嫉妬と狂気の果てに
第9章 モザンビークへ
第10章 永遠の別離
第11章 絶対に越えられない壁
第12章 ジュネーブで出会った第三の男
第13章 最後の日々
第14章 モザンビークの現実
第15章 ジョゼ・マタダの原点
第16章 墓標のない墓
終章 帰郷
あとがき
主要参考文献

感想を送る

新刊お知らせメール

小倉孝保
登録する

書籍の分類

この分類の本

空から降ってきた男―アフリカ「奴隷社会」の悲劇―

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto

空から降ってきた男―アフリカ「奴隷社会」の悲劇―

以下のネット書店よりご購入ください。

※ 詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

電子書店

Shincho Live!