ホーム > 書籍詳細:近鉄特急殺人事件

近鉄特急殺人事件

西村京太郎/著

913円(税込)

発売日:2021/01/20

書誌情報

読み仮名 キンテツトッキュウサツジンジケン
装幀 中坊正男/鉄道写真、高椋俊樹(アフロ)/伊勢神宮、新潮社装幀室/装幀
雑誌から生まれた本 小説新潮から生まれた本
発行形態 書籍、電子書籍
判型 新書判
頁数 196ページ
ISBN 978-4-10-334436-0
C-CODE 0093
定価 913円
電子書籍 価格 913円
電子書籍 配信開始日 2021/01/20

京都発ビスタEXで大学准教授が殺された。その陰には、伊勢神宮を巡る「予言」が!?

賢島行の近鉄特急で起きた毒殺事件。殺された大学准教授はテレビ番組で、伊勢神宮を貶める自説を主張する予定だった。ビスタEXの事件と、東京で殺されていた歴史雑誌編集者との関係は? 女性容疑者を追う十津川警部が、〈おかげ横丁〉で見出した彼女の意外な姿、その「予言」の真偽は? 長編トラベルミステリー最新作。

目次
第一章 東京脱出
第二章 おかげ横丁
第三章 辻説法の女
第四章 隠された過去
第五章 自死の周辺
第六章 二通の遺書
第七章 最後の審判

著者プロフィール

西村京太郎

ニシムラ・キョウタロウ

1930(昭和5)年、東京生れ。1963年『歪んだ朝』で「オール讀物」推理小説新人賞、1965年『天使の傷痕』で江戸川乱歩賞をそれぞれ受賞。 1981年に『終着駅殺人事件』で日本推理作家協会賞を受賞する。2004(平成16)年には日本ミステリー文学大賞を、2019年には「十津川警部」シリーズで吉川英治文庫賞を受賞した。鉄道ミステリー、トラベルミステリーに新境地をひらき、常に読書界の話題をさらうベストセラーを生み出している。

関連書籍

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

西村京太郎
登録

書籍の分類