ホーム > 書籍詳細:「赤」の誘惑―フィクション論序説―

「赤」の誘惑―フィクション論序説―

蓮實重彦/著

2,640円(税込)

発売日:2007/03/30

書誌情報

読み仮名 アカノユウワクフィクションロンジョセツ
雑誌から生まれた本 考える人から生まれた本
発行形態 書籍
判型 四六判変型
頁数 287ページ
ISBN 978-4-10-304351-5
C-CODE 0095
ジャンル 評論・文学研究、ノンフィクション
定価 2,640円

あまたの文芸作品の中で永く眠っていた一つの色が、いま目覚める――。

漱石、子規、鴎外、ポー、ドイル、ハメットなど多くの名作の中にひっそりと生れ、作者と読者を静かに誘い、やがて火の如く世界を染め上げる魔性の色=「赤」。この色と「フィクション」との驚きに満ちた関係が徹底的に考察され、ギリシャ的な図式や多くの理論家の呪縛から読者を解放する、フィクション論の決定版。

目次
序章 「誘惑」から「擁護」へ
I 「赤」の誘惑
『赤頭巾』から『赤い靴』へ
「赤」の氾濫
「赤い」ことと「赤くなる」こと
フィクションの「赤」
II 理論と混乱
「混沌」として「退嬰的」な
「指示」という罠
語彙論的な羞恥心
「赤頭巾」、ふたたび
III 可能世界と構造分析
みたび、『赤頭巾』
またしても、『赤頭巾』
最後に、『赤頭巾』
IV 小壮歴史家の書斎で
意識された嘘
フィクション的許容度
理論的な錯誤
「火を点す女」
V 編みものをする女
茶色の靴下
「赤茶色」で「毛編み」の
模倣:ミメーシス
ギリシャ人と近代人
編み上げられなかった靴下
VI ギャラリーから市街電車へ
「赤」と崇高
ミメーシスからセミオシスへ
紅海のほとりの枢機卿たち
「仕舞には世の中が真赤になった」
VII 「類推の魔」
母音と色彩
アリストテレス的な呪縛
ソクラテスとプルースト
詩的言語のミモロジック
「詩的なるもの」と「散文的なるもの」
VIII 地球儀と証言
地球儀と竹籠
薔薇と鶏頭
「赤」ならざるものへの誘い
詩と真実
IX 「緋色の糸」に導かれて
二つの血文字
ホームズの死
「赤」、その希少性
赤の遍在
「赤」の悲劇
X 「赤」の擁護
フィクションと真実
理論と翻訳
「赤」の擁護
哲学的な禁欲?
控えめにして、鮮やかな
終章 仮象、出来事、フィクション
変化の相
辰砂
フィクションの自由
最後に……

著者プロフィール

蓮實重彦

ハスミ・シゲヒコ

1936(昭和11)年東京生れ。東京大学文学部仏文学科卒業。1985年、映画雑誌「リュミエール」の創刊編集長、1997(平成9)年から2001年まで第26代東京大学総長を務める。文芸批評、映画批評から小説まで執筆活動は多岐にわたる。1977年『反=日本語論』で読売文学賞、1989年『凡庸な芸術家の肖像 マクシム・デュ・カン論』で芸術選奨文部大臣賞、1983年『監督 小津安二郎』(仏訳)で映画書翻訳最高賞、2016年『伯爵夫人』で三島由紀夫賞をそれぞれ受賞。他の著書に『批評あるいは仮死の祭典』『夏目漱石論』『大江健三郎論』『表層批評宣言』『物語批判序説』『陥没地帯』『オペラ・オペラシオネル』『「赤」の誘惑―フィクション論序説―』『「ボヴァリー夫人」論』など多数。1999年、芸術文化コマンドゥール勲章受章。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

蓮實重彦
登録
評論・文学研究
登録

書籍の分類