ホーム > 書籍詳細:やってられない月曜日

働く女性のリアルな日常とホンネがここにあります。ベストセラー『ワーキングガール・ウォーズ』の姉妹編にして大傑作!

やってられない月曜日

柴田よしき/著

572円(税込)

本の仕様

発売日:2010/07/01

読み仮名 ヤッテラレナイゲツヨウビ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-139626-2
C-CODE 0193
整理番号 し-50-6
ジャンル 文芸作品
定価 572円

高遠寧々、二十八歳、経理部勤務、就職氷河期のコネ入社が引け目──。勤め先は一応大手の出版社、彼氏はいなくても、気の合う仲間もいるし、趣味もあるし、一人暮らしも満喫中。だから辞める気なんか少しもない。けど、職場にあるのは伝票の山と経費のゴマカシとパワハラと不倫……、はっきり言って、不満だらけです! 働く女性のリアルな日常と本音を描いたワーキングガール・ストーリー。

著者プロフィール

柴田よしき シバタ・ヨシキ

東京生まれ。1995年、『RIKO―女神(ヴィーナス)の永遠―』で横溝正史賞を受賞。受賞作の主人公である村上緑子は、従来の女性刑事のイメージを一新したキャラクターとして人気を獲得した。以後、村上緑子シリーズの他、京都を舞台に壮大なスケールで展開する伝奇小説「炎都」シリーズ、猫を主人公にした猫好き必読の本格推理小説「猫探偵正太郎」シリーズ、保育園の園長が実は探偵という「花咲慎一郎」シリーズなど、ジャンルを超えて、意欲的なエンタテインメント小説を発表し続けている。近著に、『愛より優しい旅の空』『あおぞら町 春子さんの冒険と推理』『青光の街(ブルーライト・タウン)』『猫は毒殺に関与しない』など、他に『ワーキングガール・ウォーズ』『やってられない月曜日』『激流』『クロス・ファイヤー』など精力的な著書が多数。

space shibatay (外部リンク)

目次

やってられない月曜日
誰にもないしょの火曜日
とびきりさびしい水曜日
甘くてしょっぱい木曜日
それでもうれしい金曜日
命かけます、週末です。
またまた、やってられない月曜日~エピローグ
解説 井坂聡

関連コンテンツ

まとめテーマでくくる 本選びのヒント

感想を送る

新刊お知らせメール

柴田よしき
登録する
文芸作品
登録する

書籍の分類

この分類の本