ホーム > 書籍詳細:迷宮百年の睡魔―LABYRINTH IN ARM OF MORPHEUS―

「読むと感覚まで非現実的になる小説を私は初めて読んだ。」──綿矢りさ(解説より)。森ミステリィの新境地。「女王」シリーズ第2章。

迷宮百年の睡魔―LABYRINTH IN ARM OF MORPHEUS―

森博嗣/著

810円(税込)

本の仕様

発売日:2005/06/01

読み仮名 メイキュウヒャクネンノスイマLABYRINTH IN ARM OF MORPHEUS
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-139433-6
C-CODE 0193
整理番号 も-23-3
ジャンル 文芸作品、ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
定価 810円

周囲の森が一夜にして海と化したという伝説をもつ島イル・サン・ジャック。22世紀の旅人ミチルとロイディがこの島で出会った「女王」は、かつて別の地に君臨した美しき人に生き写しだった――。王宮モン・ロゼで発見された首のない僧侶の死体、犯人と疑われたミチル、再び消えた海と出現した砂漠。謎に満ちた島を舞台に、宿命の絆で結ばれた「女王」とミチルの物語の第2章がはじまる。

著者プロフィール

森博嗣 モリ・ヒロシ

1957年愛知県生れ。1996年『すべてがFになる』で第1回メフィスト賞を受賞して作家デビュー。『冷たい密室と博士たち』『有限と微小のパン』などの『犀川・萌絵シリーズ』(全10冊)で圧倒的な人気を得ている。『黒猫の三角』『スカイ・クロラ』『森博嗣のミステリィ工作室』『森博嗣の浮遊研究室』『相田家のグッドバイ』『科学的とはどういう意味か』など著書多数。

森博嗣の浮遊工作室 (外部リンク)

関連書籍

まとめテーマでくくる 本選びのヒント

感想を送る

新刊お知らせメール

森博嗣
登録する
文芸作品
登録する
ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
登録する

書籍の分類

この分類の本