ホーム > 書籍詳細:白洲正子自伝

白洲正子自伝

白洲正子/著

605円(税込)

発売日:1999/10/01

書誌情報

読み仮名 シラスマサコジデン
シリーズ名 新潮文庫
雑誌から生まれた本 芸術新潮から生まれた本
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-137907-4
C-CODE 0195
整理番号 し-20-7
ジャンル 文学・評論、ノンフィクション、歴史・地理
定価 605円

美を体現した名人たちとの真剣勝負に魂を懸けたこの女(ひと)を見よ。

いったい、白洲正子という人は、いかにしてかの「白洲正子」になったのか――。初太刀の一撃に命を賭ける示現流・薩摩隼人の度胸を、魂深く受け継いだ人。危うきに遊んだ名人たちとの真剣勝負を通じて、生はもちろん死の豊饒をも存分に感得した人。ものの意匠に何らとらわれることなく、本来の裸形をしかと見すえ続けてきた人。その人が、その人自身の来し方に目をむける時……。

まとめテーマでくくる 本選びのヒント

著者プロフィール

白洲正子

シラス・マサコ

(1910-1998)1910年東京生まれ。幼い頃より能を学び、14歳で女性として初めて能舞台に立ち、米国留学へ。1928年帰国、翌年白洲次郎(1902〜1985)と結婚。古典文学、工芸、骨董、自然などについて随筆を執筆。『能面』『かくれ里』『日本のたくみ』『西行』など著書多数。1998年没。

判型違い(単行本)

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

白洲正子
登録

書籍の分類