ホーム > 書籍詳細:生存確率―バイタルサインあり―

生存確率―バイタルサインあり―

久間十義/著

924円(税込)

発売日:2013/07/01

書誌情報

読み仮名 セイゾンカクリツバイタルサインアリ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-136875-7
C-CODE 0193
整理番号 ひ-30-5
ジャンル 文芸作品
定価 924円

自分を放逐した旧師は目の前に横たわっていた。教授を手術せよ。大学病院の権力闘争に巻き込まれた女医の決断とは――。感動の傑作医療小説。

大学病院に医療事故の罪を着せられて放逐された麻酔医鶴見耀子は、米国に渡り最先端の心臓カテーテル術を身につけて七年後、帰国した。難手術を次々と成功させ、古巣の大学病院から教授招聘の声が掛かった。それと同時だった、幼い一人息子に対する脅迫電話があったのは……。大学病院の権力闘争に巻き込まれた女医の波瀾の運命を描く感動の傑作医療小説。『生命徴候(バイタルサイン)あり』改題。

目次
第一章
第二章
第三章
謝辞
解説 末國善己

著者プロフィール

久間十義

ヒサマ・ジュウギ

1953年、北海道生まれ。早稲田大学文学部仏文科卒。1987年、「マネーゲーム」で文藝賞佳作入選しデビュー。ポストモダン文学の旗手として注目を集める。1990年、『世紀末鯨鲵記』で三島由紀夫賞受賞。『刑事たちの夏』『ダブルフェイス』『生存確率―バイタルサインあり―』『デス・エンジェル』『禁じられたメス』など著書多数。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

久間十義
登録
文芸作品
登録

書籍の分類