ホーム > 書籍詳細:一刀両断

日本の足下は危機に満ちている! 激変する世界で、国と国民を守り通す確かな道を探る。

一刀両断

櫻井よしこ/著

737円(税込)

本の仕様

発売日:2019/12/01

読み仮名 イットウリョウダン
装幀 新潮社装幀室/デザイン
雑誌から生まれた本 週刊新潮から生まれた本
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-127234-4
C-CODE 0195
整理番号 さ-41-14
ジャンル ノンフィクション
定価 737円

世界は激変し、とみに危険で予測困難な場所になりつつある。世論が二分し混乱する韓国、ミサイル技術を向上させる北朝鮮。中東では核ドミノの可能性が顕在化してきた。「偉大なる中華民族の復興」に突き進む中国は、日本の約4倍の国防予算で最先端兵器の開発に力を注ぐ。これこそ、わが国にとって最も深刻かつ現実的脅威である。日本はどうすべきか――。「週刊新潮」の長期人気連載シリーズ。

著者プロフィール

櫻井よしこ サクライ・ヨシコ

ベトナム生れ。ハワイ州立大学歴史学部卒業。「クリスチャン・サイエンス・モニター」紙東京支局員、日本テレビ・ニュースキャスター等を経て、フリー・ジャーナリスト。『エイズ犯罪・血友病患者の悲劇』で大宅壮一ノンフィクション賞、『日本の危機』を軸とする言論活動で菊池寛賞を受賞。著書に、『論戦』『憲法とはなにか』『何があっても大丈夫』『異形の大国 中国』『アジアの試練 チベット解放は成るか』『日本よ、「戦略力」を高めよ』『日本の試練』『日本の決断』『日本の敵』『日本の未来』『一刀両断』『問答無用』など。

櫻井よしこWEBサイト (外部リンク)

国家基本問題研究所公式サイト (外部リンク)

目次

はじめに
第1章 中国の脅威から目を逸らすな
人権派弁護士を弾圧する中国に強く抗議せよ
最先端治療を妨げる原子力規制委を監視せよ
チベットの悲劇、中国の蛮行を許すな
台湾新政権の支援は日本の国益に通じる
翁長知事完全敗北で見えてきた沖縄の新未来
奇才2人と、人工知能を語る
政府主導で明確な原子力行政の推進を図れ
千葉県沖に中国情報収集艦の脅威
第2章 新たな日米関係を築くために
日本人よ、最高裁判事に関心を抱こう
米国で「トランプ現象」が過熱した背景を探る
超高齢化社会に潜むリスクに備えよ
高浜原発運転差し止め仮処分決定に見る司法の危機
米中の闘い、中国は死に物狂いになっている
過激派テロの脅威は「アメリカ頼み」では解決できない
日本人にとっての4月の意味を知っていますか
「植民地は悪」という歴史観を正せ
第3章 日本は誇り高き道を進め
中国が流布する「慰安婦40万人説」はフィクションだ
朝日慰安婦報道の背景を分析する
トランプ政権誕生の真相を探る
宇宙空間にまで及ぶ中国の「強軍目標」とは
中国の暴走を抑止する日本の戦略
国を守る認識と覚悟を持つ時が来た
中国が展開する騙しの常套手段を見破れ
トランプよりも「自国第一主義の日本」でいいのか
第4章 国を守る気概を持て
共産党綱領を改めて読んでわかること
「EU離脱」国民投票がもたらす英国の衰亡
改めて見直せ、東シナ海の危機
日本を貶める“歴史問題”を創ったのは誰か
日本は南シナ海共同管理の先頭に立て
ASEANが中国に乗っ取られる前に
日本を考えるために是非読みたい2冊の本
中国の軍事力を過小評価するな
第5章 歴史を正しく知れば何も怖くはない
元自衛官が問う、「守るべき国とは何か」
膨張主義の裏にある中国人のコンプレックスを理解せよ
オバマ政権が対中国政策で残した負の遺産
映画「鬼郷」に見る韓国反日感情の虚構
拉致問題解決は「核・ミサイル」とは別立てで当たれ
憲法改正とTPPは国家と国民を守る最優先の課題
ユネスコに慰安婦登録などさせてはいけない
韓国人教授が否定した「慰安婦=性奴隷説」
第6章 世界が期待する日本の国力を示せ
中国が「宇宙制圧」を本格化させている
沖縄米軍用地を中国資本が買っていた
朴大統領の危機は日本の危機でもある
中国人の邦人惨殺、「通州事件」を学べ
天皇陛下のお言葉に応えるにはどうすべきか
日本軍人の真の姿を知ってもらいたい
時代の趨勢も、その本質も見ないメディアがある
プーチンが北方領土を返さない理由
現行憲法がある限り、「拉致」は解決できない
文庫版あとがき

関連書籍

判型違い(書籍)

感想を送る

新刊お知らせメール

櫻井よしこ
登録する

書籍の分類

この分類の本

一刀両断

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto