ホーム > 書籍詳細:クジラアタマの王様

クジラアタマの王様

伊坂幸太郎/著

825円(税込)

発売日:2022/07/01

書誌情報

読み仮名 クジラアタマノオウサマ
装幀 三谷龍二/彫像、三谷龍二/撮影、新潮社装幀室/デザイン
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-125033-5
C-CODE 0193
整理番号 い-69-13
ジャンル 文学・評論
定価 825円
電子書籍 価格 825円
電子書籍 配信開始日 2022/06/27

現実に勝つって、どうやって? 製菓会社に勤める岸を襲う数多の危機――。疾走する伊坂エンタメ!

記憶の片隅に残る、しかし、覚えていない「夢」。自分は何かと戦っている? ――製菓会社の広報部署で働く岸は、商品への異物混入問い合わせを先輩から引き継いだことを皮切りに様々なトラブルに見舞われる。悪意、非難、罵倒。感情をぶつけられ、疲れ果てる岸だったが、とある議員の登場で状況が変わる。そして、そこには思いもよらぬ「繋がり」があり……。伊坂マジック、鮮やかなる新境地。

目次
第一章 マシュマロとハリネズミ
第二章 政治家と雷
第三章 炎とサイコロ
第四章 マイクロチップと鳥
あとがき
文庫版あとがき
解説 川原 礫

担当編集者のひとこと

 伊坂作品には珍しい会社員小説です。妊娠中の妻とふたり暮らし、製菓会社の広報部に勤務する岸が主人公です。
 お菓子に画鋲が入っていた――。岸は「お客様サポート」に寄せられた苦情への対応を引き継いで懸命に対処しますが、事態は最悪の展開に。プライドだけが高くて悪手ばかり打つ部長、優しげな態度で難題を突き付けてくる課長、「上の者を出せ」というクレーム電話……。このトラブルの描写は、会社員経験がある方なら涙ぐんでしまうこと必至です。
 危機は意外な形で収束しますが、その後も岸は予期せぬ出来事に次々と遭遇します。共通の過去をもつ二人の男性との出会い、猛獣の襲撃、そして世間を騒がせるニュース――。
 会社員のリアルな日常と、思いもよらない場所に連れて行かれる伊坂エンタメの本領がどちらも存分に楽しめるだけでなく、本書にはもう一つ大きな特徴があります。それは、随所に差し挟まれる漫画パートです。「これは何?」と思いながら読み進め、やがてその意味がわかったとき、物語の世界にいっそう深く没入します。
 さらにもう一つ。2019年に単行本が刊行された本作は、翌年から「予言の書か?」と話題を集めました。その理由はぜひ読んで確かめていただきたいのですが、2019年時点でこのディテールを書き得た作家の想像力に、改めて畏敬の念を抱かずにはいられません。(文庫出版部・HM)

2022/07/27

著者プロフィール

伊坂幸太郎

イサカ・コウタロウ

1971(昭和46)年、千葉県生れ。1995(平成7)年東北大学法学部卒業。2000年『オーデュボンの祈り』で、新潮ミステリー倶楽部賞を受賞し、デビュー。2004年『アヒルと鴨のコインロッカー』で吉川英治文学新人賞、2008年『ゴールデンスランバー』で本屋大賞と山本周五郎賞、2014年『マリアビートル』で大学読書人大賞、2017年『AX』で静岡書店大賞(小説部門)、2020(令和2)年『逆ソクラテス』で柴田錬三郎賞を受賞した。他の作品に『ラッシュライフ』『重力ピエロ』『砂漠』『ジャイロスコープ』『ホワイトラビット』『火星に住むつもりかい?』『キャプテンサンダーボルト』(阿部和重との合作)などがある。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

伊坂幸太郎
登録

書籍の分類