ホーム > 書籍詳細:管見妄語 できすぎた話

さる高名な人は言った。「語学ができるほどだんだんバカになる人間のほうがむしろ多い」。

管見妄語 できすぎた話

藤原正彦/著

529円(税込)

本の仕様

発売日:2018/08/01

読み仮名 カンケンモウゴデキスギタハナシ
装幀 新潮社装幀室/デザイン
雑誌から生まれた本 週刊新潮から生まれた本
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-124817-2
C-CODE 0195
整理番号 ふ-12-17
ジャンル エッセー・随筆
定価 529円

さる人は言った。「語学ができるほど、だんだんバカになる人間のほうがむしろ多い」。小学校からの英語教育は非常に罪深い、愚民化政策だ。名著を読む時間が取れず、教養が身につかないからだ。昨今蔓延(はびこ)るグローバリズムの下では教養や品性など、どうでも良いらしい。だがこのままでは日本の国力はかならず減衰する。国家百年の計を弁えぬ、頓珍漢は黙れ! 憂慮と怒りの週刊新潮人気コラム。

著者プロフィール

藤原正彦 フジワラ・マサヒコ

1943(昭和18)年、旧満州新京生れ。東京大学理学部数学科大学院修士課程修了。お茶の水女子大学名誉教授。1978年、数学者の視点から眺めた清新な留学記『若き数学者のアメリカ』で日本エッセイスト・クラブ賞を受賞、ユーモアと知性に根ざした独自の随筆スタイルを確立する。著書に『遥かなるケンブリッジ』『父の威厳 数学者の意地』『心は孤独な数学者』『国家の品格』『この国のけじめ』『名著講義』(文藝春秋読者賞受賞)『ヒコベエ』『日本人の誇り』『孤愁 サウダーデ』(新田次郎との共著、ロドリゲス通事賞受賞)『日本人の矜持』『藤原正彦、美子のぶらり歴史散歩』等。新田次郎と藤原ていの次男。

目次

はじめに
第一章 祖国に対する誇りと自信
世界一の光と影/スコットランドの誇り/『聖職の碑』を訪ねて/方言という遺産/土壇場のためらい/イチジクのノスタルジー/真夜中の至急電/ノーベル賞を培う風土/日本の国是/秋の真下
第二章 国民エネルギーの壮大な無駄
神様の御高見/私は大いに慌てた/英語教育の愚論愚策/日本のもみじ/学問の罠/新年の決意/脅威の風船/間違い探しの迷い道/一冊の本の力
第三章 人生とは別れの堆積
グローバル人材という幻想/渾身のジャンプ/後世特別ノ御高配ヲ/淋しきシンデレラ/かえってきたお餅/白人の負け惜しみ/よみがえれ講談本/仰げば尊し/事実と噂と嘘/雄々しき血
第四章 国家百年の計をわきまえぬ頓珍漢
人間を育てずして/無言の圧力/非情なルール/藤原家の瓦解/栄光と恥辱/忘れ去られたお針子/人間ホーキング/国家百年の誤り/ありがたくない励まし/ハイジャックされた国
第五章 文明は後戻りできない
指させば ふと消えて/孤高のテノール/屈従と卑屈の構図/ヨーロッパの悲運/努力の人/ドゴール的ストーリー/人間のあるべき姿/便利の不便/二十八年前の隣人/真冬のシドニーにて
解説 増田明美

関連書籍

判型違い(書籍)

感想を送る

新刊お知らせメール

藤原正彦
登録する
エッセー・随筆
登録する

書籍の分類

この分類の本

管見妄語 できすぎた話

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto