ホーム > 書籍詳細:華胥の幽夢 十二国記

華胥の幽夢 十二国記

小野不由美/著

693円(税込)

発売日:2014/01/01

書誌情報

読み仮名 カショノユメジュウニコクキ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-124060-2
C-CODE 0193
整理番号 お-37-60
ジャンル SF・ホラー・ファンタジー
定価 693円

王が約束した理想の郷。――夢は現に近づけるのか。陽子と楽俊、泰麒も登場する珠玉の全5編! シリーズ累計160万部突破! 《完全版》「十二国記」Episode7

王は夢を叶えてくれるはず。だが。才国(さいこく)の宝重である華胥華朶(かしょかだ)を枕辺に眠れば、理想の国を夢に見せてくれるという。しかし采麟(さいりん)は病に伏した。麒麟が斃(たお)れることは国の終焉を意味するが、才国の命運は──「華胥」。雪深い戴国(たいこく)の王・驍宗(ぎょうそう)が、泰麒(たいき)を旅立たせ、見せた世界は──「冬栄」。そして、景王(けいおう)陽子が楽俊(らくしゅん)への手紙に認(したた)めた希(ねが)いとは──「書簡」ほか、王の理想(ゆめ)を描く全5編。

  • 受賞
    第5回 吉川英治文庫賞
目次
冬栄(とうえい)
乗月(じょうげつ)
書簡(しょかん)
華胥(かしょ)
帰山(きざん)
解説 會川昇

関連コンテンツ

プロモーションムービー

プロモーションムービー第2弾

著者プロフィール

小野不由美

オノ・フユミ

大分県中津生れ。大谷大学在学中に京都大学推理小説研究会に在籍。「東亰異聞」が1993(平成5)年、日本ファンタジーノベル大賞の最終候補作となり、話題を呼ぶ。2013年、『残穢』で山本周五郎賞受賞。著書に『魔性の子』『月の影 影の海』などの〈十二国記〉シリーズ、〈ゴーストハント〉シリーズ、『屍鬼』『黒祠の島』『鬼談百景』『営繕かるかや怪異譚』などがある。

小野不由美「十二国記」新潮社公式サイト (外部リンク)

関連書籍

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

小野不由美
登録
SF・ホラー・ファンタジー
登録

書籍の分類