ホーム > 書籍詳細:メガバンク絶体絶命

メガバンク絶体絶命

波多野聖/著

781円(税込)

発売日:2017/02/01

書誌情報

読み仮名 メガバンクゼッタイゼツメイ
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-120362-1
C-CODE 0193
整理番号 は-66-2
ジャンル 経済・社会小説
定価 781円
電子書籍 価格 781円
電子書籍 配信開始日 2017/07/28

頭取を蕩かす甘い罠。魔の「T計画」。巨大銀行を救うため、伝説の相場師が帰還する。

日本最大のメガバンクを喰らい尽くす、魔の「T計画」が発動! TEFG銀行は絶体絶命の危機に陥った。総務部長としてこの難局に挑む二瓶正平。そして、頭取の椅子を捨て相場師として生きていた桂光義が、義と理想のために起(た)つ。史上最大の頭脳戦がここに始まった。経済の巨龍・中国の影。謀略 vs. 戦略。マネーを知り尽くす著者にしか描けなかった、痛快無比の金融エンターテインメント。

目次
第一章 甘美な罠
第二章 相場師再始動
第三章 官僚たちの野望
第四章 銀行葬の魔女
第五章 SRB
第六章 長官のシナリオ
第七章 シビル・ウォー
第八章 汝官窯と呉欣平
第九章 T計画
第十章 メガバンク絶体絶命
第十一章 総力戦の行方
エピローグ

著者プロフィール

波多野聖

ハタノ・ショウ

1959(昭和34)年、大阪府生れ。一橋大学法学部卒業後、農林中央金庫、野村投資顧問、クレディ・スイス投資顧問、日興アセットマネジメントなどで資産運用業務に携わる。著書に「銭の戦争」シリーズ、『悪魔の封印 眠る株券』『メガバンク最終決戦』『本屋稼業』などがある。

関連書籍

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

波多野聖
登録
経済・社会小説
登録

書籍の分類