ホーム > 書籍詳細:うから はらから

うから はらから

阿川佐和子/著

825円(税込)

発売日:2014/03/01

書誌情報

読み仮名 ウカラハラカラ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-118456-2
C-CODE 0193
整理番号 あ-50-6
ジャンル 文芸作品
定価 825円

親族(うから)兄弟姉妹(はらから)が波乱を巻き起こす、長編ホームコメディ。私は断じてこの家族がキライです!

夫と別れ、実家に出戻った未来を突如襲った両親の熟年離婚。悲嘆に暮れたのも束の間、父が連れてきた再婚相手は、豊かすぎる悩みを抱えた茶髪巻髪の小娘。しかもクソ生意気なコブ付きで……。自分の人生曲がり角。なのに家族が巻き起こす騒動で頭の痛い日々は続く。良かれ悪しかれ親族(うから)兄弟姉妹(はらから)──。嫌いだったあの人も、憎らしいアンチクショウさえも愛おしくなる、長編家族小説。

目次
嫉妬の距離
妻が来た
乳と暮らせば
僕の兵隊
ホルモンの歌が聴こえる
こころ痛めて
母娘戯画
種の起源
いつも偽家族

著者プロフィール

阿川佐和子

アガワ・サワコ

1953年東京生まれ。報道番組のキャスターを務めた後に渡米。帰国後、エッセイスト、小説家として活躍。『ああ言えばこう食う』(檀ふみとの共著)で講談社エッセイ賞、『ウメ子』で坪田譲治文学賞、『婚約のあとで』で島清恋愛文学賞を受賞。他に『うからはらから』『正義のセ』『聞く力』など。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

阿川佐和子
登録
文芸作品
登録

書籍の分類