ホーム > 書籍詳細:心に太陽を持て

心に太陽を持て

山本有三/編著

605円(税込)

発売日:1981/06/29

書誌情報

読み仮名 ココロニタイヨウヲモテ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-106010-1
C-CODE 0112
整理番号 や-1-9
ジャンル 文学・評論、倫理学・道徳、ビジネス・経済
定価 605円

人間はどう生きるべきかを、やさしく問いかけ、爽やかな感動を与える世界の逸話集。電磁誘導の法則を発見した大科学者ファラデーの少年時代を語る「製本屋の小僧さん」、自分自身がお金に困りながらも、貧しい人、不幸な人のために一生を捧げた働きものの洗濯女の話「キティの一生」。ほかに、自然とたたかって有史以来の大事業をなし遂げた人の物語や、動物の話など21編を収録。

目次
心に太陽を持て
くちびるに歌を持て
パナマ運河物語
ワインスベルクの女たち
海底電線と借金
スコットの南極探検
キティの一生
一日本人
バイソンの道
動物ずきのトマス
傷病兵の手がみ
フリードリヒ大王と風車小屋
ミレーの発奮
油断
ライオンと子犬
どうせ、おんなじ
製本屋の小僧さん
ナポレオンと新兵
エリザベスの疑問
見せもののトラ
リンゴのなみ木
ミヤケ島の少年
解説 高橋健二

著者プロフィール

山本有三

ヤマモト・ユウゾウ

(1887-1974)1887(明治20)年、栃木県生れ。東京帝大独文科卒。1920(大正9)年、戯曲「生命の冠」でデビュー。『嬰児殺し』で注目を集め、日本の新劇の基礎を固めた。大正末期から小説にも手を染め、『波』などの新聞小説で成功を収める。その後、ひたむきな女医を描いた『女の一生』、勤め人一家の愛と犠牲の日々を書いた『真実一路』、逆境をたくましく生きる少年を書いた『路傍の石』で国民的作家となった。子供達に向けて書かれた『心に太陽を持て』は、今も小・中学生に読まれている名作。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

山本有三
登録
倫理学・道徳
登録

書籍の分類