ホーム > 書籍詳細:夕映え天使

夕映え天使

浅田次郎/著

649円(税込)

発売日:2011/07/01

書誌情報

読み仮名 ユウバエテンシ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-101926-0
C-CODE 0193
整理番号 あ-47-5
ジャンル 文芸作品、文学賞受賞作家
定価 649円
電子書籍 価格 528円
電子書籍 配信開始日 2012/11/16

深く心にしみる人生の喜怒哀楽。読後にじわじわ効いてくるこの感動が短篇小説の醍醐味だ! 愛と涙の六つの物語。

東京の片隅で、中年店主が老いた父親を抱えながらほそぼそとやっている中華料理屋「昭和軒」。そこへ、住み込みで働きたいと、わけありげな女性があらわれ……「夕映え天使」。定年を目前に控え、三陸へひとり旅に出た警官。漁師町で寒さしのぎと喫茶店へ入るが、目の前で珈琲を淹れている男は、交番の手配書で見慣れたあの……「琥珀」。人生の喜怒哀楽が、心に沁みいる六篇。

  • テレビ化
    浅田次郎ドラマスペシャル 琥珀(2017年9月放映)
目次
夕映え天使
切符
特別な一日
琥珀
丘の上の白い家
樹海の人
解説 鵜飼哲夫

著者プロフィール

浅田次郎

アサダ・ジロウ

1951(昭和26)年、東京生れ。1995(平成7)年『地下鉄(メトロ)に乗って』で吉川英治文学新人賞、1997年『鉄道員(ぽっぽや)』で直木賞、2000年『壬生義士伝』で柴田錬三郎賞、2007年『お腹召しませ』で司馬遼太郎賞、2008年『中原の虹』で吉川英治文学賞、2010年『終わらざる夏』で毎日出版文化賞、2016年『帰郷』で大佛次郎賞をそれぞれ受賞した。『蒼穹の昴』『椿山課長の七日間』『薔薇盗人』『憑神』『夕映え天使』『赤猫異聞』など多彩な作品があり、幅広い読者を獲得している。

判型違い(単行本)

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

浅田次郎
登録
文芸作品
登録
文学賞受賞作家
登録

書籍の分類