ホーム > 書籍詳細:憑神

憑神

浅田次郎/著

693円(税込)

発売日:2007/05/01

書誌情報

読み仮名 ツキガミ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-101924-6
C-CODE 0193
整理番号 あ-47-3
ジャンル 歴史・時代小説、文学賞受賞作家
定価 693円
電子書籍 価格 572円
電子書籍 配信開始日 2007/06/15

抱腹絶倒にして感涙必至。貧乏侍vs.貧乏神!? 幕末時代小説の最高傑作。

時は幕末、処は江戸。貧乏御家人の別所彦四郎は、文武に秀でながら出世の道をしくじり、夜鳴き蕎麦一杯の小遣いもままならない。ある夜、酔いにまかせて小さな祠に神頼みをしてみると、霊験あらたかにも神様があらわれた。だが、この神様は、神は神でも、なんと貧乏神だった! とことん運に見放されながらも懸命に生きる男の姿は、抱腹絶倒にして、やがては感涙必至。傑作時代長篇。

  • 舞台化
    憑神(2007年9月公演)
  • 映画化
    憑神(2007年6月公開)

著者プロフィール

浅田次郎

アサダ・ジロウ

1951(昭和26)年、東京生れ。1995(平成7)年『地下鉄(メトロ)に乗って』で吉川英治文学新人賞、1997年『鉄道員(ぽっぽや)』で直木賞、2000年『壬生義士伝』で柴田錬三郎賞、2007年『お腹召しませ』で司馬遼太郎賞、2008年『中原の虹』で吉川英治文学賞、2010年『終わらざる夏』で毎日出版文化賞、2016年『帰郷』で大佛次郎賞をそれぞれ受賞した。『蒼穹の昴』『椿山課長の七日間』『薔薇盗人』『憑神』『夕映え天使』『赤猫異聞』など多彩な作品があり、幅広い読者を獲得している。

判型違い(単行本)

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

浅田次郎
登録
歴史・時代小説
登録
文学賞受賞作家
登録

書籍の分類