ホーム > 書籍詳細:甲州赤鬼伝

甲州赤鬼伝

霧島兵庫/著

649円(税込)

発売日:2019/12/01

書誌情報

読み仮名 コウシュウアカオニデン
装幀 浅野隆広/カバー装画、新潮社装幀室/デザイン
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-101671-9
C-CODE 0193
整理番号 き-48-1
ジャンル 文学・評論
定価 649円
電子書籍 価格 649円
電子書籍 配信開始日 2019/12/06

家康を怖れさせた「戦国最強」の赤備え軍団を率いた、山県昌満を描く比類なき傑作!

その赤備え軍団は「戦国の伝説」となった――。十四歳の初陣で功を上げられず、父の介錯を務め首を切った山県昌満。心に深手を負い、若き頭領の重圧がのしかかる。だが馬鉄砲の腕を磨き、臣下の窮地を救った昌満は、赤備えの大将として復活。家康と、腹心井伊万千代を震え上らせる戦いを挑んでいく。権謀術数が渦巻く乱世で、最強の赤鬼たちは、いかなる光芒を放ったのか。鮮烈無比の傑作。

目次
序章 設楽ヶ原
第一章 傷負いの鉄砲撃ち
第二章 赤鬼の帰還
第三章 血族の刃
第四章 呪い
第五章 夢
終章 相伝之記
解説 縄田一男

著者プロフィール

霧島兵庫

キリシマ・ヒョウゴ

1975年生まれ。著作に『甲州赤鬼伝』『信長を生んだ男』『フラウの戦争論』『静かなる太陽』がある。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

霧島兵庫
登録

書籍の分類