ホーム > 書籍詳細:たとえる技術

「オダギリジョーが本名と知った時のように驚く」圧倒的なユーモアを生み出す「たとえ」の力。

たとえる技術

せきしろ/著

539円(税込)

本の仕様

発売日:2019/10/01

読み仮名 タトエルギジュツ
装幀 宮北ひろみ/カバー装画、新潮社装幀室/デザイン
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-101571-2
C-CODE 0195
整理番号 せ-18-1
ジャンル エッセー・随筆
定価 539円

この本は◯◯のような本である。たとえると一瞬にして世界が変わる。感情を際立たせ、想像力を掻(か)き立て、平凡な言葉に鮮やかな彩りを与えることができる。上手な「たとえ」は効用絶大。視点のずらし方、使いこなしたい様々な「感情」のたとえ方 etc……。少し笑えて意外と学べて、どこから読んでも面白い。読み終わる頃にはきっと何かをたとえたくて仕方がなくなります。解説・高橋源一郎。

著者プロフィール

せきしろ セキシロ

1970(昭和45)年、北海道生れ。文筆家。主な著書に『バスは北を進む』『逡巡』『去年ルノアールで』など、また又吉直樹との共著に『カキフライが無いなら来なかった』『まさかジープで来るとは』などがある。

目次

たとえないより、たとえたほうがいい理由
感情を共有できる/オリジナリティを生む/伝わりやすい
たとえを作る、いくつかの視点
視点を変える/似た形を探す/似た色を探す/似た動きから作る/よくある表現をアレンジする/得意分野を利用する/学校を使う/著名人を使う/動物を使う/想像力を利用する
状態を、たとえる
広い、狭い/大きい、小さい/長い、短い/アウェー感、ホーム感/偶然/待つ/絶望/別世界/無関係/運命的/その場しのぎ/流れる
たとえるとできる、いろいろなこと
会話を長くできる/時間を潰せる/言葉のイメージを変えられる/季節の挨拶を作れる/コミュニケーションがとりやすくなる/人のタイプをたとえる/おいしさを伝えられる/ピンチを切り抜ける1〜上司に悪口を聞かれていた時〜/ピンチを切り抜ける2〜お母さん以外をお母さんと呼んでしまった時〜/ピンチを切り抜ける3〜他人にバカだと言ってしまった時〜
感情を、たとえる
驚き/寂しい/優しい/孤独/悲しい/後悔/つまらない/信じられない/罪悪感/ありがたい/とまどい/悔しい
おわりに
解説 高橋源一郎

感想を送る

新刊お知らせメール

せきしろ
登録する
エッセー・随筆
登録する

書籍の分類

この分類の本

たとえる技術

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto