ホーム > 文学賞 > 川端康成文学賞

川端康成文学賞

主催:川端康成記念会 後援:新潮社 発表誌:「新潮」

第44回 川端康成文学賞 受賞作品

こことよそ

保坂和志

「新潮」 平成29年 6月号

保坂和志さんのスピーチ

関連リンク

受賞のことば

 実家は鎌倉で川端邸のすぐ近所だから、母は「川端先生」と言っていた。私は川端先生がノーベル賞を受賞したとき、小六で学校の帰りに友達四人とお祝いを言いに行くと、先生は川端邸に通じる路地は報道陣でごった返していたが、子供を見つけると手招きしてくださった。私たちは「先生、おめでとうございます!」と言った。
 私はたまたまこのあいだ「愛する人達」という短篇集を読んでいた。川端作品はたくさんは読んでないが、すらすら書いた感じの書きようにいつも感心する、日本文学を好きではない私の数少ない好きな作家だ。ある意味、尊敬もしている。
「こことよそ」は鎌倉の道を歩く場面がある、その道は川端先生も歩いた、私は川端先生の御利益を受けていたのかもしれない。
 私は最近、生きていることと死んでいることはあまり区別して考える必要ないんじゃないかと感じることが多い。これからは死者と過ごす時間が増えると感じている。

保坂和志氏略歴〕

一九五六年山梨生まれ、鎌倉育ち。早稲田大学卒業。九〇年『プレ―ンソング』でデビュー。九三年『草の上の朝食』で野間文芸新人賞、九五年『この人の閾』で芥川龍之介賞、九七年『季節の記憶』で谷崎潤一郎賞、平林たい子文学賞、二〇一三年『未明の闘争』で野間文芸賞を受賞。『小説の自由』『試行錯誤に漂う』等、評論作品も多数刊行。

第44回 選考委員

 第44回 賞規定

授賞対象:昨年度の文芸、総合、読物の各雑誌、ならびに単行本に発表された短篇小説
選考委員:荒川洋治、角田光代、辻原登、堀江敏幸、村田喜代子(五十音順)
賞品:記念品および副賞百万円
主催・川端康成記念会/後援・新潮社

川端康成文学賞について

この賞は故川端康成氏の残された偉大な業績を長く後世に伝えるために、昭和四十七年に設立された財団法人・川端康成記念会の事業の一環で、本賞、賞金等は故人の受けた「ノーベル文学賞賞金」を基金としています。審査の対象は短篇小説とし、その年度における最も完成度の高い作品に授賞します。各方面のご協力を感謝すると共に、今後とも御支援をお願い致します。

過去の受賞作品

新潮社刊行の受賞作品

受賞発表誌